副業・複業

1/8ページ
「副業(サイドハッスル)」や「複業(パラレルワーク)」で収入源を分散させて自立への第一歩を目指しませんか?
  • 2019.02.09

会社員の副業の税金はいくらから払う?確定申告の方法は?

昨今の副業ブームををうけて実際に副業を始めた会社員の方は少なからずいると思います。 これまでは年末調整だけで済んでいたものが、副業収入が増えると『確定申告』をする必要がでてきます。 ここでは、確定申告もしたことが無いような副業初心者の方々のために、『副業と税金』についてまとめています。 会社員の副業の税金はいくらから払う? ズバリ、本業以外の『所得』が20万円を超えたら確定申告が必要です。 そもそ […]

  • 2019.02.09

副業・複業に関するニュースまとめ【2019年】

政府が掲げる『働き方改革』で働く選択肢として副業の動きが広がっています。ここでは、2019年の『副業(複業)』に関するニュースやトピックをダイジェストでまとめていきます。 副業でアパート経営、年間600万円超稼ぐ 仙台市職員減給処分 産経新聞(2019/2/10)を元に当サイトにて編集 仙台市は地方公務員の兼業禁止規定に違反して、許可なく不動産賃貸業を営んだとして、40代男性職員を減給の懲戒処分に […]

変化に備える手段としての「副業」【アンケート調査】

人材紹介会社のワークポートが、2018年10〜11月にかけて全国の20〜40代の転職希望者417名に対して副業に関する調査を実施しました。 ここでは、その調査結果の内容をご紹介させて頂きます。*引用部は全て「ワークポート調べ」 8割の人が副業に「興味がある」と回答 20〜40代の男女417人に聞いた結果80.0%近くの人が、副業について「興味ある」と回答しました。2018年1月に、働き方改革の一環 […]

副業に最適な”ワーク・プレイス”を確保する方法

実際に副業を始めてみると「自宅では集中できない」「静かな場所で作業をしたい」といった場面が増えてきます。そうした時は、自宅と職場以外に「第三の場所」を確保する必要が出てきます。 ここでは手軽にできる3つの方法と、それぞれのメリット・デメリットについて述べてみたいと思います。 コワーキングスペースを利用する 「コワーキングスペース」とは、デスクや会議室など仕事に使うためのスペースや設備を借りられる施 […]

副業に最適なサイト売買(エムアンドエー)の成功方法

新聞紙面では毎日のように大企業のM&A(企業合併と買収)のニュースが報じられています。中小企業や個人には遠い世界の話のように思えますが、「会社や事業の売り買い」は身近なレベルにまで浸透し始めています。 個人の副業や起業に適したスモールビジネスM&A 例えば飲食店を開業したいという独立希望者が、イチから店を借りて内装や厨房設備等を購入すると2000〜3000万円の初期投資資金がかかる […]

  • 2018.02.06

薪を販売して稼ぐ方法

流木・苔・木の実といった、山で拾って販売できるものを紹介してきましたが、薪はどうでしょうか。どれくらい稼ぎたいかにもよりますが、薪に関しては副業としては少しハードルが高くなります。 自分で山を所有しているか、もしくは「捨てたり腐らせたりしている伐採した原木を有効利用して欲しい」「いまはお金を払って処分している」という森林組合や造園屋さん、工事屋さんなどを見つけてタダで譲ってもらえるという仕入れルー […]

  • 2018.02.05

木の実や落ち葉を拾って販売して稼ぐ方法

流木や苔を拾って販売する方法については以前の記事に書きましたので、今回は「木の実」を販売して稼ぐ方法について書いてみたいと思います。 ▼「流木や苔、薪、石を拾って”自然の恵みをお金に換える”副業」を読む どんな木の実が売れるの? お金を払って木の実を買う人なんているの?って一瞬思ってしまうかもしれませんが、インターネットで検索してみると、ドライフラワーの扱いで販売しているサイトがありま […]

幸せな老後をおくるためのセカンドキャリアとしての”シニア起業”

「人生100年時代」といわれるこれからの超高齢化社会では、定年退職後のセカンドキャリアを含めた人生設計を早くから立てることが重要になってきます。定年退職後も収入が得られる、そして社会との関わりを維持できるようなビジネスを、40代・50代の頃から準備しておく必要があります。 シニア起業家が増加しています 世界の経営学者が実施する「グローバル・アントレプレナーシップ・モニター調査」によると、日本のシニ […]

野菜やハーブを育てて月5万円。マイクログリーンは副業として将来有望

「働き方改革」が騒がれるようになって残業時間が減ったという人が増えています。今後はその分を副業で稼ごうと考える人が増えてくることが予想されます。 そのような中で、手軽に始められてリスクのない家庭菜園が副業の一つとして見直されてくるでしょう。 失敗確率0%の商売 副業をして、それなりの収入を得ようと考えた時、それ相応の時間と労力を割くか、株式投資などで元本を減らしてしまうリスクを冒す必要が出てきます […]

  • 2017.12.06

ついに公務員の副業が解禁される時代が到来した

公務員の副業が禁止されているのは、税金で雇用されている立場でありながら他の仕事を兼業することは公務の遂行上で問題があるという考えによるものです。 ただ、少子高齢化が進むなか、全国で約274万人で労働力人口の約4%を占めている地方公務員(国家公務員まで含めると約333万人・5%)を地域活動の担い手として期待する見方もあります。 公務員の副業を禁止する法律について まず前提として、地方公務員・国家公務 […]

1 8