パラレルワーク

フリーランスのWEBマーケター向け案件紹介サービス一覧

WEBマーケター

WEBマーケティングの仕事は副業やフリーランスとの相性が良く、リモートでもできる仕事のため、「収入アップ」や「時間や場所に縛られずに働きたい」等の様々な理由から人気の職種となっています。

本稿では、WEBマーケターとしての仕事の内容や収入、将来性について解説します。また、フリーランスのWEBマーケターとして活動する人に案件を紹介してくれるエージェントを複数紹介します。

未経験からWEBマーケターになる方法についてもページ後半で紹介しています。

WEBマーケターの仕事と収入について

WEBマーケターの仕事と収入について見ていきましょう。

WEBマーケターの仕事内容一覧

分析から戦略立案といった上流を担うコンサルティングから、SEO対策や広告・SNSの運用といった戦術の企画・運用を担う実践まで幅広い仕事内容があります。

  • SEO分析・対策立案
    検索サイト(主にGoogle)で上位表示させるために分析や対策方法の立案を行う
  • 広告運用
    GoogleやYahooなどの検索サイトやSNS上で広告の運用を行う
  • SNS運用
    SNSアカウント(主にInstagramやTwitter)の運用を行う
  • コンテンツマーケティング
    マーケティング戦略上の目的に応じて企画立案や設計・運用を行う
  • マーケティングコンサルティング
    企業のマーケティングにおける課題(特にweb周り)を洗い出し、戦略立案を行う

フリーランスWEBマーケターの平均年収

WEBマーケターの平均年収は、同じ年代の一般的な平均値を大きく上回っています(以下、パーソルキャリアの情報を参考に作成)。

  一般 WEBマーケター
20代 348万円 424万円
30代 444万円 544万円
40代 510万円 625万円

一方、フリーランスのWEBマーケターの平均年収は、だいたい300〜800万円程度となっており、上記でご紹介した仕事の内容や、クライアントの規模、案件の数によって大きく差が開きます。

クラウドソーシングなどでは、依頼主は中小企業が比較的多く、依頼内容はSEOや広告/SNS運用などの実践的なものとなっており、予算的には月5〜10万円程度、週1〜2人月(週に1日〜2日程度の仕事量)の案件が多くなっています。そうした仕事を複数掛け持ちしているフリーランスのWEBマーケターがいます。

一方で、フリーランスに案件を紹介してくれるエージェントサービスを利用する場合の平均相場は日給換算で20,000円〜40,000円となっています。月換算では40〜80万円となります。クライアントの規模が大きく、仕事内容も上流工程のコンサルティング案件になると、100万円以上の案件もでてきます。

WEBマーケターの仕事の将来性について

インターネット広告市場は年々成長を続けており、2021年には「インターネット広告費」が「マスコミ四媒体広告費」を初めて上回り、広告市場で最も大きな領域を占めるに至りました。

「2021年 日本の広告費」

●新型コロナウィルス感染症の影響が緩和したことで、広告市場は大きく回復し、日本の総広告費は二桁増の6兆7,998億円(前年比110.4%)に
●好調な「インターネット広告費」が「マスコミ四媒体広告費」を初めて上回り、広告市場全体の成長を後押し
●「マスコミ四媒体由来のデジタル広告費」が、初めて1,000億円を突破

【出典】株式会社電通「2021年 日本の広告費」

これに伴い、リスティング広告やSNSの運用など、オンラインマーケティングの仕事の需要は増加しており、チャンスと将来性の大きい職種といえるでしょう。

フリーランスのWEBマーケター向け案件紹介サービス一覧

フリーランスのWEBマーケターとして活動する場合、経験が浅かったり実績が少なかったりする場合は、クラウドソーシングなどで経験と実績を積むのも悪くない方法です。

しかし、プロのWEBマーケターとして高単価な仕事を受注するためにはエージェントを活用して案件を探する方が早くて確実です。

Marketer Agent(マーケターエージェント)

マーケターエージェント▼運営サイト: Marketer Agent

運営元のWACULはマーケティングに課題を持つ企業規模、業種様々な3万以上の企業のデータベースを有しています。特に中~大企業の取引実績が多く、高単価の案件が多いことが特徴です。

企業にとってもフリーランスマーケターの皆様にとっても、マッチングミスは大きな問題です。デジタルマーケティングのプロであるWACULが、「企業ニーズの的確な把握」と「マーケタースキル(報酬額)の適切な評価」によって、最適なマッチングを支援します。

企業側への請求はWACULから行うため、請求督促などの面倒な業務や未回収リスクで煩わされることはありません。広告運用でネックになる媒体費はWACULが立て替えします(※条件あり)。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランス▼運営サイト: レバテックフリーランス

紹介可能案件数が豊富で、常時2,000件以上を取り扱っている国内最大級のフリーランスエージェントです。

フリーランス(個人事業主)のエンジニア向けの案件が中心ですが、WEBマーケター向けの案件もあるので、登録しておくと良いでしょう。

Web業界・技術に精通した専門のコーディネーターが登録者様に対して、案件への参画前から参画後まで、提案やキャリアに関する相談などのサポートを提供しています。

▼特徴

  • 業界最大級の案件を保有
  • 業界トップクラスの高単価報酬、低マージン
  • コーディネータの実績、丁寧な対応(無理な案件の提案をしないこと)
  • 人材担当、企業担当の他に、フォロー専門の担当がいます
  • 契約の途切れの不安を解消するよう、徹底した早期確認を行っています
  • 宿泊施設やスポーツクラブ、映画館の優待チケットの特典があります

Lancers Agent(ランサーズエージェント)

Lancers Agent▼運営サイト: Lancers Agent

クラウドソーシング大手のLancersが運営する、IT系ハイスキルフリーランス専門エージェントサービスです。

90%以上がリモート可能な案件で、週3・4日から参画可能な案件を取り扱っています。大手クラウドソーシングサイト運営企業の知名度を活かし、ほぼ全てが元請け直案件となっているため高額報酬を実現しています。

手数料も完全公開されており、ユーザーとクライアントの双方が納得のいくクリアな契約体系となっています。報酬先払い制度もあります(稼働月の当月25日に50%分の報酬を先に受け取れる超・早期受取の「先払い」を毎月選択可能。別途適用条件あり)

フリーランススタート

フリーランススタート▼運営サイト: フリーランススタート

国内最大級のフリーランス専門案件紹介サイトで、さまざまなフリーランスエージェントの求人や案件をまとめて紹介しています。

公開案件・求人数は30万件を超えており、WEBマーケティング案件も多数公開されているます。希望にあった案件を取り扱っているエージェントを探すことができるでしょう。

ITプロパートナーズ

ITPRO PARTNRES▼運営サイト: ITプロパートナーズ

週2日〜3日のリモートワーク案件も豊富に取り扱っているフリーランスエージェントです。自由度の高い働き方や複数の案件を掛け持ちしたい人にもおすすめできます。

直接クライアントと契約している案件が多いので、高単価の案件や稼働日数が少なめの案件を探している人におすすめのエージェントです。

Lect Satellite

LECT Satellite▼運営サイト: Lect Satellite

マーケティング領域専門のプロフェッショナルを繋ぐマッチングサービスです。

WEBマーケターに特化したフリーランス向けのエージェントです。稼働の少ない案件やリモート案件も多数あり、自由度の高い働き方を希望している方におすすめできます。

未経験からWEBマーケターになるには

現状では、WEBマーケティングの知識も経験もないけれども、WEBマーケターを目指したい、という人は以下の方法を参考にしてみては如何でしょうか?

自分でブログを運営する

自分でブログを運営してみると、WEBマーケティングに必要な仕組みを体験することができます。

無料のブログサイトではなく、自分でレンタルサーバー会社と契約して、ワードプレスなどを使ってブログサイトを立ち上げるとことから実践してみましょう。

どういったユーザーに向けて、どんな内容のコンテンツを作成するかを設計し、集客するためにSEOについて書籍やネット上の公開情報で調べて試してみる。そして、Google Analyticsや、Google Search Consoleといった分析ツールを使って、数値分析やPDCAサイクルを回してみることで、実践的な知識を得ることができます。

アフィリエイト広告や、SNSや動画を活用して、収益化まで一通り経験できれば、WEBマーケティングについての基礎知識は抑えるでしょう。

就業中の会社でWEBマーケティングの経験を積む

社内にWEBマーケティング部門がある場合は、業務の兼務や異動を申請してみるという方法もあります。自分が働いている会社にWEBマーケティング部門がない場合には、自らそうした役割を買ってでるという方法もあります。

「基本的な知識を身に付けていること」若しくは、「学ぶ意欲があること」を積極的にアピールすることが重要です。IMA(Internet Marketing Analyst)検定などの資格取得を目指すのも、後に転職する場合には役に立つので良いでしょう。

WEBマーケティング職種に転職する

WEBマーケターの就職・転職先のパターンとしては、主に3つのパターンがあります。未経験からWEBマーケターとしての転職し、できるだけ早くフリーランスとしての独立を目指すなら①の方法が近道でしょう。

  1. 広告代理店・制作会社・WEBコンサルティング会社
    OJTの仕組みができている会社であれば、第二新卒など年齢が若い人であれば未経験でも転職できる可能性があるでしょう。
  2. IT・WEB系のベンチャー企業・スタートアップ
    成長しているスタートアップは人材採用を積極的に行っているため、未経験でも転職できる可能性があるでしょう。
  3. 一般企業のWEBマーケター
    自社サイトの広告運用やSEOをミッションとするインハウスマーケターとして。未経験だと難易度は高いでしょう。

マーケティングに強いおすすめ転職エージェント

需要が伸びているとはいえ人気がある職種なので、未経験者ともなると、万全の対策をしなければ優秀な人でも良い転職は容易ではありません。その点において、転職エージェントはあなたの状況に合わせて求人企業を選定し、面接対策をアドバイスしてくれるため、ネットで探して直接応募したり、求人サイトで転職活動を行うよりも成功確率が高まります。

そうした点を踏まえて、マーケティングに強い転職エージェントや転職サイトを紹介します。

マーケティング職は営業職やエンジニア職などと比べて案件が少ない傾向にあります。理由としては、企業内のマーケティング職は戦略部分を担うことが多く、実際に手を動かす部分はそれぞれ外部の専門会社に業務委託することが多いため少数精鋭となる傾向にあるためです。

そのため、広告会社の営業職、といった切り口で見るとマーケティングという仕事に携わることができる案件の数は違ってきます。

希望にマッチする求人を見つけるためには、取り扱っている求人数が多い doda・リクルートエージェント・マイナビエージェントの大手3社全てに登録するのが良いでしょう。

doda

doda▼運営サイト: doda

【特徴】大手総合型・全業界・求人が豊富・第二新卒歓迎
【求人数】約16.6万件

リクルートエージェント

リクルートエージェント▼運営サイト: リクルートエージェント

【特徴】大手総合型・全業界・求人が豊富・未経験可
【求人数】約40万件

マイナビエージェント

マイナビAGENT▼運営サイト: マイナビエージェント

【特徴】大手総合型・全業界・手厚いサポート・未経験可
【求人数】約7万件

パソナキャリア

PASONA▼運営サイト: パソナキャリア

【特徴】経験者向け・ハイクラス・女性に強み
【求人数】約5万件

レバテックキャリア

レバテックキャリア▼運営サイト: レバテックキャリア

【特徴】経験者向け
【求人数】約1.4万件

おわりに|フリーランスのWEBマーケター向け案件紹介サービスまとめ

フリーランスのWEBマーケターとして、案件を獲得するためのエージェントサービスを紹介させて頂きましたが、ここで紹介したエージェントサービス以外でも、WEBマーケターの案件依頼が登録された副業マッチングプラットフォームがたくさんありますので、こちらの「副業マッチングプラットフォームまとめ」のページも参考になるでしょう。

また、コンサルファーム出身者や、WEBサービスの起業経験者であれば、より報酬の高いコンサルティングの案件紹介サービスを利用してみると良いでしょう。その場合はこちらの「フリーコンサルタント案件マッチングサービスまとめ」をご参照ください。

コンサルタントの案件マッチングサービス
フリーコンサルタント案件マッチングサービスまとめフリーコンサルタントとして活動する人と、企業向けのコンサルティング案件をマッチングしてくれるサービスを紹介します。(2022年5月現在2...