米国株はインベストメント向き、日本株はトレード向き

最近、マネックス証券で「春山昇華氏独占インタビュー記事」で日本株と米国株の違いについて書かれていたことが印象的だったので復習のために記事にしてみました。

米国株と日本株の違い

米国株と日本株の違いについて、春山さんは以下のように語っています。

アメリカ株は、ボラティリティが少ない中でひたひたひたと上がるイメージ。実は日本株はアメリカ株ほど上がらないんだけど、ボラティリティがでかい。だからうまい人は実は日本株の方が稼ぎやすいかもね。

米国株はインベスターにもトレーダーにもいいけど、日本株は特にトレーダーに向いているマーケットじゃないかな。その日本株を動かすのはいつも個人。だから個人投資家の心理には特に敏感にならないとね。

私個人の米国株投資

私個人としては2015年5月に日本株と米国株に対する投資を同時に始めました。

私が株式投資を始めた時は、ウォーレン・バフェット氏関連の書籍を読み漁っていたこともあり、日本株も米国株も長期投資を前提に考えていました。

特に米国株に関しては取引手数料が高いこともあって長期保有を前提に考えていましたが当時の米国株式市場はFOMCの利上げを警戒して下げ基調が続いているうちに、上がる期待が持てなくなってしまって微益撤退してしまいました。その後上昇を重ねて市場最高値を更新した時には指をくわえて眺めていることしかできませんでした。

春山さんの記事を読んで、今は流石に米国株は過熱感があるので様子見を継続しようと思っていますが、次にインする時はもう少し腰を据えて付き合ってみようと思いました。

私個人の日本株投資

PERは割安な状況が続いていますが、何故か腰を据えて投資しようという気になりません。

米国株式市場のようにいかないのは、海外要因に振り回される、日本国自体の長期的な成長力が人口減少で期待できないからでしょうか。

そのような訳で、私自身も値幅取りのトレーディングを継続していこうと思っています。(現金比率をかなり高くした上で)

終わりに

それぞれの市場のことをよく分かっているわけでもないので、あくまでも感覚で春山さんのコメントに共感を覚えました。

上手く説明できずにまとまりのない文章となってしまいました。もっと投資経験を積んで、改めて日本株と米国株の違いについて書くことができるように精進したいと思います。


その他・全般ランキング

にほんブログ村 就職バイトブログ ダブルワークへ
にほんブログ村

レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

よろしければシェアお願いします!