2017年8月の日本株相場振り返り

2017年8月の日本株相場を振り返ってみたいと思います。

日経平均株価の推移

8月の日経平均は19,900円付近から始まって上旬に20,000円を超えた後は下落を続け、29日には19,300円を割り込んで月間最安値の19,280円をつけた後、月末には続伸して19646.24円で終わりました。

月末の終値は前月終値比で278.94円安(-1.4%)となり、2ヶ月連続の下落となりました。

始値 高値 安値 終値 前月比(終値)
8月  19,907.08 20,113.73 19,280.02 19,646.24 -278.94

為替、ドル建て日経平均の推移

USドル円、USD建て日経平均の推移は以下のようになっています。

USドルは月初は110.27円で始まり、月を通して緩やかな下落傾向を辿った後、月末に一気に戻して月末110.59円で終えました。

ドル建て日経平均は181.24ドルで始まり、下げ一方の展開となって月末177.65ドル(月初比-2.0%)で終えました。

また、日経平均PERは、月初14.36倍で始まり、8月9日には14倍を割りこんで8月24日に最低となる13.67倍をつけた後やや戻して月末は13.93倍で終えました。

8月の主なトピック

以下のような、ドル安円高と地政学的リスクの高まりが日本株にとってネガティブ要因となった1ヶ月でした。

・米国の経済統計が少しづつ弱くなりつつあり利上げペースの鈍化が予想されていること

・米南部バージニア州シャーロッツビルで白人至上主義団体と反対派が衝突して多数の死傷者が出た事件をめぐって、トランプ大統領が人種差別主義に対する批判を明言しなかったことで政治的な波紋が広がった

・北朝鮮の大陸間弾道弾(ICBM)の発射成功。それを受けたトランプと金正恩の挑発合戦がエスカレート(下旬は米韓合同軍事演習)

また、9月には9日の北朝鮮建国記念日に向けて北朝鮮が核実験をする可能性や、米国の政府債務上限引き上げが難航することによる政府閉鎖の懸念があるため、リスクオフ状態は今後も続くことが予想されています。

2017年7月の振り返りはコチラ(↓)

2017年7月の日本株相場振り返り
2017年7月の日本株相場振り返り
2017年7月の日本株相場を振り返ってみたいと思います。 日経平均株価の推移 7月の日経平均はチャートが示しているよ...


その他・全般ランキング

にほんブログ村 就職バイトブログ ダブルワークへ
にほんブログ村

レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

よろしければシェアお願いします!