副業禁止はもう古い!正社員の副業OKの企業まとめ(2)

「正社員の副業OKの企業まとめ」の続きになります。

※画像をクリックすると、その会社のコーポレイトサイトを見ることができる設定になっています。

副業禁止はもう古い!正社員の副業OKの企業まとめ
副業禁止はもう古い!正社員の副業OKの企業まとめ
政府も副業の「原則容認」を明確に打ち出す時代になってきましたが、ITや人材関連の、柔軟で活力がある企業を中心に「副業」を...

株式会社リブセンス

【事業内容】インターネットメディア運営事業

リブセンスCTO桂大介のWebメディア上のインタビュー記事で、副業を行っているエンジニアがいるが、それは当然のこととして認めていることから、職務規定がどうというよりも文化として既に副業が咎められる環境ではないことがわかる。

「会社の仕事はするけれど、同時に副業でお金を稼ぐというスタイルも当たり前になってくると思うんです。自分で書いたスマートフォンアプリが当たればすごい収入が得られる時代に、副業禁止の原則はありえない。実際、雑誌の記事執筆やメディア運営などを個人で行っているエンジニアがうちにもいますからね。当社も副業のガイドラインを策定して、その対応をしようと考えています」(出典:CodeIQ『文理の壁なきインターディシプリナリーなエンジニアが必要─リブセンスCTO桂大介「仕事の流儀」』

株式会社Waris

【事業内容】人材サービス、有料職業紹介事業、各種セミナー、イベント等の企画・開催・運営

複数社でのパラレルなキャリアを通じて、一人一人の学び・スキルアップ・ネットワークが加速度的に成長すると考えて、一定のルールを定めたうえで兼業を認めている。
特に女性は出産・育児等で一時的にキャリア形成がペースダウンする場合も少なくないため、早い段階から専門性をより高めるためにも、兼業をすることで自身の望む領域でのキャリアを深め、経験を増やしながらキャリア構築できるよう支援している。

株式会社クラウドワークス

【事業内容】クラウドソーシング事業

2016年4月から試験的に行った後、同年6月から就業規則を改定して副業制度を解禁した。本業に支障をきたさない範囲で自由に副業をしても良いことになっている。
副業の導入は社員のキャリアップだけでなく、自社サービスが、企業がネットを仲介して個人に仕事を外注するクラウドソーシングであるため、自社サービスを実際に使って改良していく「ドッグフーディング」としての位置付けも重視しているとのことだ(参考:日経ビジネス『「副業OK」の企業がじわりと増えている』)。

株式会社LIB(リブ)

【事業内容】人材紹介事業、教育研修・セミナー事業

他の会社を経営したり、フリーランスとして活躍しながらLiBの社員同様の待遇を受けられる「メンバーシップオプション」という制度がある。代表の松本氏はHRナビの取材にいかのように答えている(2015年5月時点)。

「4割くらいのメンバーが他社に関わっていますね。社長だけの想いでいったら、囲い込みたいっていうのはもちろんあるんですけど、でも個人として考えたときに、社外でいろいろ刺激のあることをやってる人のほうが伸びるんだろうなって思います。
単純に社長としては利益相反するんですけど、人が成長するのが素直に好きで、嬉しいです。楽しそうなことにクビをつっこんでくれれば」(出典:HRナビ『本社をカフェとして開放、社員の4割は副業中–人材サービス「LiB」の会社に縛られない働き方とは』

株式会社オールプレジデント

【事業内容】成果報酬型WEBマーケティング、ものづくり経革広場の運営ほか

社名の通り起業したい人を歓迎している。副業を推奨し、5年を経たずに6名の起業家を輩出し、今後も独立予定者が控えているとのこと。申請方法・管理方法は特になく面接時に把握している。副業をする社員のメリットとしては「企業に勤めながら給与を得て、自己実現に向けた仕事や勉強ができる」と考えている。また、代表の徳山氏の考えでは、今の時代は依存関係がリスクになる。自立している人・ビジョンを持っている人を採用することで、自分の力で稼ぐ人の集合体となる。と答えている。(出典:中小企業庁委託事業『平成26年度 兼業・副業に係る取組み実態調査事業報告書』2015年2月 株式会社リクルートキャリア

ソニー株式会社

【事業内容】モバイル・コミュニケーション、ゲーム&ネットワークサービス、金融ほか

日本を代表する有数の大企業であるソニーは副業を推奨している訳ではないが、副業禁止の規定はなく、年間10件以上の副業申請が上がっているようです。

「やりたいことをあきらめずに家族も友達も仕事も、バランスの取れた生き方をしたい」。ソニーのTS事業準備室コンスーマーエクスペリエンスプロデューサーの正能茉優さん(25)は地方の名産品をプロデュースする企業ハピキラFACTORY(東京・荒川)社長でもある。長野県小布施町のまちづくりインターンをした経験から、地方の名産品を広めたいと大学3年生だった13年に起業。大手広告会社にも入社したが制約があった。ソニーには副業の禁止はなく、昨年10月に中途入社した。同社では年10~15件ほど副業申請があり、少し増えてきたという。
正能さんは社内外から人材を発掘する人事部直轄の「ビジネスクリエーター室」に所属し、午前9時半~午後5時半はその仕事に没頭する。「映画を見るのに壁や床、ベッドに映せるような新商品開発ができないか」。知りたいことがあればハピキラ人脈をフル活用していく。「結婚や出産など女性のキャリアは流動的。パラレルキャリアは実践しやすいと思う」と話す。(出典:日本経済新聞2017/4/17付)

株式会社CINRA(シンラ)

株式会社CINRAのコーポレートサイト

【事業内容】自社メディア事業と、行政や企業のWEBサイトやメディアの構築を受託するクリエイティブ事業

もともと同業の仕事以外は副業OKでしたが、その条件も撤廃してマネージャーの承認さえとれればOKということになりました。

Watnedryのインタビューで「副業が会社(本業)に良い影響を与えるか?」について、代表の杉浦氏が考え方を詳細にお答えになっています。

Wantedlyのインタビューページを読む

レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

よろしければシェアお願いします!