副業

ドッグホストの報酬は?ペットシッターを副業にする方法

動物愛好家が多い現代、ペットシッター(ドッグホスト)を利用する方は多いので、動物好きの方は副業に選んでみるのも良いかと思います。

飼い主の大切なペットを預かるのですから、責任重大なお仕事です。しかし、動物に癒されながらお金をもらえるなら、とても有り難いお仕事です。

ペットシッター(ドッグホスト)とは

ペットシッター(ドッグホスト)とは、家族が旅行や出張などで家を空ける時、留守番をしている犬や猫などペットのお世話を飼い主の代わりに行う仕事です。

ペットホテルや友人・親戚に預けるよりも、ペットシッターが自宅に訪問し世話してくれるので、環境が変わることなくペットたちも安心して生活できるメリットが最大の特徴と言えます。

ペットシッター(ドッグホスト)の仕事や特徴

基本的にはペットの餌やり、掃除、散歩、スキンシップなどが主な仕事内容です。
依頼主は旅行などで家を空ける人たちだけでなく、高齢者や忙しい方が「散歩だけしてほしい」「病院に連れて行ってほしい」「お風呂に入れてほしい」といった内容で利用することもあります。

動物好きの方なら天職とも言えるペットシッターですが、命を預かっている分、気をつけなければいけないことはたくさんあります。

特に散歩中は細心の注意をしなければいけません。散歩の際に交通事故や逃げて行って迷子になったり、他のお宅のペットとトラブルになったら大変です。

また夏場は小まめに水を飲ませ、健康状態に異常がないかの確認も怠ってはいけません。預かっている最中の様子を事細かく報告書に書き、飼い主に報告するので決して気を緩めることはできないのです。

気になるペットシッター(ドッグホスト)の報酬は?

報酬は1時間で2,000~3,000円ほどで、大型犬など大きめの動物になればさらに1,000円アップするというのが相場となっています。

1日に数件の依頼を受ければ、かなりの収入を得ることができます。自分の空いた時間を有効活用できるので、副業にピッタリですね。

ペットシッター(ドッグホスト)として働くにはどうすればいい?

実際にペットシッターとして働くためには、サービス会社に登録しなければいけません。「プチラテ」や「ペットシッターSOS」をはじめ全国に600社以上あるので、ネットで検索してみてください。

犬の飼い主が旅行に行く際、通常はペットホテルなどに犬を預けますが、以下のような問題を抱えている多くの飼い主さんに向けて、「愛犬を近くのドッグホストに預けるという第2の選択肢」を提供する、というサービスです。

  • 犬を預けるとストレスで体調を崩す
  • 価格が高く長い間預けることが難しい
  • 預けることに罪悪感があり旅行を楽しめない、行けない

このサービスはホストとして登録しておくと、サービス利用者があなたのところへワンちゃんを預けに来るというものです。ホストは登録時に1泊あたりの金額を設定し、その金額の70%がホストの収益となる仕組みとなっています。

個人で仕事を受けるには注意が必要

会社を通さずに個人で大々的に仕事として行うとなると「業」とみなされますので、動物取扱業の登録申請と動物取扱責任者の選任が必要になりますので注意が必要です(「動物の愛護及び管理に関する法律の一部を改正する法律」平成18年6月1日より施行)。

ただし、資格をもっていなくても、既に資格を得て開業しているところで働くことができます。ペットシッターのアルバイトはとても人気のある副業です。大体の相場は都心部で1時間あたり1,000円~1500円です。

アルバイトで経験を積んだ後、取扱責任者の要件を満たして自宅で開業という方法もあります。ローコストで始められるのでリスクの低いプチ起業とも言えるかもしれません。

error: Content is protected !!