スモールビジネス

複業マッチングプラットフォーム38選

副業マッチングプラットフォーム

働き方の変革が進む中、企業と個人との複業・副業をマッチングする新しいプラットフォームが数多く生まれています。
職種領域は広がり、リモートワーク可能な案件が多くを占めるようになっています。

奇しくもコロナ禍によって、リモートワークに対するハードルが一気に下がったことや、大都市圏で働くオフィスワーカー達の地方に対する興味関心が高まったことで、場所や時間を問わない働き方が一気に普及しつつあります。

ITエンジニア系だけでなく、ビジネス総合系、専門職系、営業系、地方創生系などの多数のタイプ別にプラットフォームを紹介していますので副業や複業先を探している人の情報収集の参考にして頂けると思います!

ビジネス総合系

プロの副業

プロの副業のサイト画像▼運営サイト: プロの副業

企業様の経営課題に対して、プロフェッショナルスキルを持つ副業社員(副業人材)をスポットでアサインするマッチングプラットフォーム。

マーケティング、広報/PR、人事、財務、エンジニア、デザイナーなど幅広い職種のプロジェクトがあります。
プロフェッショナルなスキルを持った人材が複数の企業やプロジェクトに業務委託契約で参画し、市場からの評価と経験に磨きをかけ、結果的に所得に反映されるという就業モデルです。

無料会員登録をして案件の紹介を待つという利用スタイルです。

lotsful(ロッツフル)

lotsfulのサイト画像▼運営サイト: lotsful

キャリアアップしたい個人とベンチャー/スタートアップを1to1でつなぐ、副業・兼業のマッチングサービス。

副業特化の準委任・業務委託型エージェントサービスで、タレントプランナーがスキルアセスメントを実施した個人とベンチャー企業のマッチングを実施するという流れになっています。

Kasooku(カソーク)

カソークのサイト画像▼運営サイト: Kasooku

「副業で働く」「副業で働く人を探す」を支援するマッチングプラットフォームです。

セールス系から募集職種を広げ、様々な職種が探せる総合型のマッチングプラットフォームにリニューアルしました。
副業ユーザー登録数も7500人を突破し、約1年前のリリース以来、累計5000件以上のオンライン上でのマッチングが生まれています(2020年4月30日の同社プレスリリースより)。

workhop(ワークホップ)

workhopのサイト画像▼運営サイト: workhop

本業の空き時間におためしで働いてもらう「おためし副業」や、実際に入社して働いてみてもらう「体験入社」の募集を行うことができるプラットフォームです。

おためし副業は空き時間を使った短期間の副業のような働き方で、体験入社は数日間実際に会社に入社するような形の働き方となっています。実際に働いてみてから転職先を決められるので、失敗しない転職を実現できます。また、企業によっては業務委託などでの副業・複業的な契約スタイルもあります。

登録後は、こちらから気になる募集案件の「気になる」ボタンを押して、採用担当側の反応を待つという利用スタイルです。2020年5月現在ではまだ案件はそれほど多くはないようです。

Reworker

reworkerのサイト画像▼運営サイト: Reworker

リモートワーク、フリーランス、在宅勤務、フルフレックスや副業可など、新しい働き方を導入している企業や会社の転職・採用専門求人サイト。

掲載している求人は職種に関わらず全てリモート・在宅OK、時短で週3、副業OKといった、これまでは実現することが難しかった新しい働き方ができる求人となっているため、子育てと仕事の両立や海外・田舎での生活などのライフスタイルの実現が可能です。
正社員・契約社員求人はもちろん、今の仕事を続けながら業務委託でスタートする事もできます。

JOBHUB

JOBHUBのサイト画像▼運営サイト: JOBHUB

全国のプロフェッショナル、パラレルワーク等、様々なワークスタイルで活躍している人と仕事を依頼したいクライアントを繋げるマッチングサービス。

多くの場合、一般募集は行わず、ワーカーの実績・経験などを元に、JOB HUBが受けた委託案件を直接紹介するスタイルとなっています。

Anycrew(エニィクルー)

Anycrewのサイト画像▼運営サイト: Anycrew

Facebookのつながりや、Anycrew上の仕事仲間のつながりを参考に、仕事の発注元と依頼先を結びつけるフリーランス・副業マッチングサービス。

Facebookを通して簡単に登録可能で、人事、デザイン、企画など、様々な職種の仕事となっています。

KAIKOKU(カイコク)

KAIKOKUのサイト画像 ▼運営サイト: KAIKOKU

主にWebマーケティング関連の仕事を中心に複業・副業の支援をするサービス。

報酬はスキルと働いた時間によるものの、業務委託という形で1時間あたり2,400~4,800円、そのため5万~12万/月の方が多い傾向のようです。

副業人材を活用して地方自治体のマーケティングを支援する「地方創生パッケージ」の提供も開始しました。

KROW

KROWのサイト画像 ▼運営サイト: KROW

ハイスキルなビジネス系職種の人材に特化し、週1日相当の稼働で会社を辞めずに、自分で仕事を選んでチャレンジできる複業案件の紹介サービス。

経営企画、マーケティング、データ分析、広報、営業企画などの幅広いビジネス系職種を紹介しています。
2020年5月現在では、案件数が少ないようです。

#Me (ハッシュミー)

ハッシュミーのサイト画像 ▼運営サイト: #Me

LINEで簡単に案件応募できる複業マッチングサービス。

同社サイト掲載情報によれば、平均月稼働40時間、平均月報酬20万円とのことです。

GIGrowth(ギグロース)

SymphoNeedのサイト画像 ▼運営サイト: SymphoNeed

株式会社シンフォニード(東京都)が、30代から40代のプロフェッショナル人材へパラレルワークを支援するエージェントサービスとして、β版の提供を開始しました(2020年9月)。

「GIGrowth」は2〜3社の複数企業を「本業」として働く新しいライフスタイルを提案するエージェントサービスで、全てのプロ人材に面談を実施し「今までの実績」「希望する環境」「お人柄」をGIGrowthが棚卸ししデータベース化した後、企業へ提案をするというスタイルです。

プロフェッショナル・コンサル系

CrowdLinks(クラウドリンクス)

CrowdLinksのサイト画像▼運営サイト: CrowdLinks

「仕事を依頼したい企業」と「副業・兼業で経験・スキルを発揮したい個人」を、インターネットで素早くマッチングするサービス。

副業・兼業者は、マーケティング、経営・マネジメント、人事といったコーポレート・ビジネス職が全体の6割を占めており、また、責任者であるCxO経験者が全体の約2割を占めています。

スキルシェアリングのプラットフォームを運営しるクラウドワークスによる運営で、2020年1月にサービスを開始し、副業・兼業の累計登録者数は3000名を超えています。(2020年4月9日の同社プレスリリースより)

個人の登録後は、こちらから気になる募集案件の「話を聞きたい」ボタンを押して、採用担当側からのチャット回答を待つという利用スタイルです。
クラウドソーシング大手だけに案件数は多めです。

BIZ-directors(ビズ・ディレクターズ)

BIZ-directorsのサイト画像▼運営サイト: BIZ-directors

事業会社の経営層、事業責任者、管理職の経験を活かして副業を希望する人や、既にフリーランスとして活躍しているビジネスパーソンを対象に、平日週1日、月30万円からのフリーランス・副業案件をマッチングするエージェントサービス。

WEBサービス立上げ新規事業立上げ、事業戦略設計業務改善(BPR)、PMO、ブランディング、データアナリストといった経験を活かすことができます。

プロシェアリング

プロシェアリングのサイト画像▼運営サイト: プロシェアリング

経験・知見をベースに複数企業で同時に活躍する外部のプロ人材と実績に基づくデータベースを活用して、経験と知見で企業の経営課題を解決するサービス。

様々な分野の13,045名以上のプロフェッショナルの情報と4,756件のプロジェクト実績に基づくデータベースを保有しています。(2020年5月21日現在。同社HPより)

ビザスク

ビザスクのサイト画像▼運営サイト: ビザスク

アドバイザーとして登録した現役ビジネスパーソン、企業OB、フリーランスと、大手を中心とした事業会社をマッチングするサービス。

1時間からのスポットコンサルの「ビザスクinterview」や、一定期間の業務委託による継続支援の「ビザスク業務委託」などの複数タイプがあります。

Free Consultant.jp

Free Consultant.jpのサイト画像▼運営サイト: Free Consultant.jp

フリーランスコンサルタント向けに案件を紹介をしているサイトです。
登録者はコンサルティングファーム出身者、大手金融機関出身者、大手監査法人出身者などが中心となっており、その数は10,000名を超えています。そのため、高単価案件を取り扱っていることが特徴です。

運営している株式会社みらいワークスは、これ以外にも、Fintech人材に特化した「FintechConsultant.jp」、RPA人材に特化した「RPA-Professionals.jp」といったサービスも運営しています。

ITエンジニア・デザイナー系

Shuumatsu WORKER(シューマツワーカー)

シューマツワーカーのサイト画像▼運営サイト: ShuumatsuWORKER

エンジニアやデザイナー向けに、週末や平日夜などの空いてる時間に働ける企業をご紹介する副業マッチングサイトです。
仕事は時給制となっているため、プロジェクト制と比べるとスケジュールを組みやすくなっているのが特徴です。

Offers(オファーズ)

Offersのサイト画像▼運営サイト: Offers

ハイクラスエンジニア・デザイナーに特化した副業・複業採用プラットフォームです。

エンジニアやデザイナーは、副業や転職サービスにありがちな煩雑な履歴書登録などが不要で、Linkedin、Github、Qiita、dribbleなどのSNSと連携したら企業からのオファーを待つだけ、という気軽さから、応募者側は数千人が登録。募集企業側は2019年5月にα版をリリースしてから累計50社以上が利用しています(2020年3月3日の同社プレスリリースより)。

Workship(ワークシップ)

Workshipのサイト画像▼運営サイト: Workship

複業・フリーランス向けの求人マッチングプラットフォームです。

週3日、土日、副業など柔軟な働き方の案件を中心に掲載されており、案件の半数以上がリモートOKとなっています。
職種は、デザイナー、エンジニア、マーケター、編集者、人事、広報などデジタル業界で活躍するスキルホルダーとプロジェクトをマッチングするスキルシェアサービスですが、基本的にはデザイナー、エンジニア、マーケターが中心となっています。

Findy Freelance(ファインディフリーランス)

Findy Freelanceのサイト画像▼運営サイト: Findy Freelance

Findy Freelance(ファインディフリーランス)は、フリーランスエンジニア専門の案件紹介エージェントです。

GitHubと連携することで公開レポジトリを解析してスキルを偏差値化する仕組みとなっており、スキルに見合った案件を紹介してくれるエンジニア向けのマッチングサービスです。
また、エンジニア経験者がサービスを行っているため、エンジニア目線でのサポートと単価保証が特徴となります。

CODEAL(コデアル)

CODEALのサイト画像▼運営サイト: CODEAL

ハイエンドなリモートワークの転職・フリーランス・複業・副業マッチングプラットフォーム。

仲介手数料は0円。登録者はエンジニアが73%、デザイナーが9%、マーケッターが8%でその他(経営・事業企画・広報・人事など)が9%という内訳となっています。完全リモートワークの比率も51%となっています。(2019年5月現在。同社HPより)

Anotherworks

anotherworksのサイト画像▼運営サイト: Anotherworks

複業したい人と企業をつなぐマッチングプラットフォームで、複業希望人は登録・利用は無料で、企業求人を見て直接エントリーをすることができます。

職種の領域は、エンジニアやデザイナー、営業やマーケター、広報、人事と全職種を網羅しています。
だれでも簡単にできる仕事というよりは、ある程度の専門性があるジャンルや、特殊な技能を持ち合わせた方を求めるオファーが多くみられ、副業よりも本格的な複業を検討している人に最適なサービスとなっています。

人事系

corner(コーナー)

cornerのサイト画像▼運営サイト: corner

即戦力の人事・採用パラレルワーカーと企業を繋ぐ、人事・採用のパラレルワーカーシェアリングサービス。

週1日や週3日、1日30分から8時間まで、在宅やリモートと行った場所を選ばない働き方から常駐求人まで幅広い働き方の案件があります。
複数名のパラレルワーカーや、corner社員とともに稼働するチーム型プロジェクトや、パラレルワーカーが単独で支援をするプロジェクトで、クライアントは業種問わずスタートアップや中小企業から上場企業までさまざま。プロジェクト期間は最短1ヶ月から数年間となります。

2019年6月のサービスリリース後、3ヶ月で登録者数が1,000人を突破したとのと(2019年9月同社プレスリリースより)

人事PRO PARTNERS

人事PRO PARTNERSのサイト画像▼運営サイト: 人事PRO PARTNERS

人事職特化型のマッチングサービスで、「採用」サポートに限らず、「組織戦略全般支援」「教育、組織強化」「組織状態改善」「労務改善」など、幅広い課題に応じて、それぞれの強みを持つフリーランスの人事プロフェッショナルをマッチングしています。
2020年5月15日、登録ユーザ数が1000名を突破したと発表した(同社のプレスリリースより)。

財務系

シェアリングCFO

シェアリングCFOのサイト画像▼運営サイト: シェアリングCFO

CFO(最高財務経理責任者)に特化したプロ人材マッチングサービス。

資金面からフルタイムでCFOを採用することが難しく、かつCFO業務が必要になるタイミングが限定的なベンチャー企業とプロのCFO人材を結びつけ、週1日から必要な分だけ業務を依頼できるようになっています。

営業系

Saleshub(セールスハブ)

saleshubのサイト画像▼運営サイト: Saleshub

Saleshub(セールスハブ)は、応援したい企業へ顧客候補を紹介するアポイント支援プラットフォーム。

応援したい企業と顧客候補になりうる知り合いとのアポイントをセッティングすると企業から協力金が贈られるという仕組みになっています。

kakutok(カクトク)

kakutokのサイト画像▼運営サイト: kakutok

企業と即戦力のフリーランス営業職・営業代行会社の豊富な知見と経験をつなぐ営業支援プラットフォーム。

営業職は自身のスキルや経験が生かせるクライアントを見つけて契約することができます。
インサイドセールス 、テレアポ、フィールドセールス、営業戦略、営業マネジメントなど多様な案件掲載中です。2019年12月時点で登録者数が5000人を突破したと発表しました。
原則的に、固定報酬型のプロジェクトとなっているのが特徴です。

side bizz(サイドビズ)

sidebizzのサイト画像▼運営サイト: side bizz

営業系の副業情報を発信しているリファラル営業プラットフォームです。

新電力、法人向け携帯電話、光回線、ETCコーポレートカードなどの商材を紹介しています。フリーランス営業職や独立・起業する人が営業代行や副業商材を探すことができます。

SharesMarket(シェアーズマーケット)

sharesmarketのサイト画像▼運営サイト: SharesMarket

2018年3月に開始された、副業商材の情報を提供する企業と副業を行う個人(エージェント)をつなぐマッチングサイト。

法人向けと個人向けに、IT通信(Web制作・SEO)、コスト削減(新電力・電話回線)など豊富な商品カテゴリから選ぶことができます。

ビジェント

ビジェントのサイト画像▼運営サイト: ビジェント

代理店、業務委託(アウトソーシング)、副業、ビジネスパートナー、フリーランスなどの募集情報を比較検討できるマッチングサイト。

営業系の副業を探している人や、独立を考えている人に向けて多数の案件情報を配信しています。

URUMAP(ウルマップ)

URUMAPのサイト画像▼運営サイト: URUMAP

「フルコミッションの営業でしっかり稼ぎたい人」と「成果を出したい企業」を繋ぐビジネスマッチングプラットフォーム。

商材のジャンルは広く、フルコミ・固定報酬の両方の報酬体系があり、代理店・紹介店・フリーランス・副業向けに対応しています。

販売系

MESH Well(メッシュウェル)

メッシュウェルのサイト画像▼運営サイト: MESH well

アパレル業界で働いている「タレント(個人販売員)」と「小売店」をつなぐマッチングプラットフォーム。

繁忙時間に接客力を高め売上を伸ばしたい小売店と、スキマ時間を使って効率的に接客のお仕事をしたいタレントをオンラインでマッチングしています。

教育系

複業先生

複業先生のサイト画像▼運営サイト: 複業先生

主に民間人材・フリーランス人材を対象に、複業で「先生」の仕事をしたい人が、希望する地域・曜日・時間帯を選び”複業”の仕事を探すことができる「学校教育特化型の複業探しプラットフォーム」。

  • 教員免許は持っていないけれど知識やノウハウを子どもたちと分かち合いたい
  • 塾での指導経験を活かしたい
  • 複業をするなら直接、社会課題解決に携わりたい

といった人たちが学校教育に関する複業を探すことができます。

地方創生系

Skill Shift

skill shiftのサイト▼運営サイト: Skill Shift

都市部で高待遇で働いているマーケティングや経営企画などの事業の拡大を図る上流工程を担う人材と、地方の中小企業を結ぶマッチングサイト。

都市部の正社員は、転職や移住ではなく、出身地への帰省や趣味で頻繁に訪れる地域で、本業にムリのない範囲で業務スキルを地域活性に活かす形での副業を。
立地や待遇、知名度等で経験豊富な人材の採用が難しい地方の中小企業は、現役で働くビジネス経験豊富な都市部の人材のスキルを事業に取り入れることを提案しています。

ふるさと兼業(FURUSATO-KENGYO)

ふるさと兼業▼運営サイト: ふるさと兼業

愛する地域や共感する事業にプロジェクト単位でコミットできる兼業プラットフォームです。

「誰」と「何」を「いつまで」やるのかを明確にし、様々な状況に対応できるプロジェクトを掲載しています。
スキマ時間を活用したリモートワーク、二拠点で活動するWワーク、期間限定での参画、また兼業禁止の企業勤務であってもプロボノとして参画できる、など、応募者の状況や希望する生活スタイルに合わせて、プロジェクトを選ぶことが可能です。

Glocal Mission Jobs

glocal_mission-jobsのサイト画像▼運営サイト: Glocal Mission Jobs

地域経済活性化支援機構の100%出資会社日本人材機構が運営する、情熱をもった都市部の人材と、地域に根ざし、地域を似なく企業を結びつけることによって、人の力で地方創生を実現するマッチングメディア。
地方企業の幹部候補の紹介事業(転職)を中心に、副業求人も紹介しています。

YOSOMON!

YOSOMON!のサイト画像▼運営サイト: YOSOMON!

NPO法人ETIC.が運営する、自分のスキルや経験を活かして会社を辞めずに副業・Wワークという形で地方企業の課題解決に参画できるプロジェクト紹介サイト。
移住や定住の必要はないため、好きな場所から地域に関わることができます。副業による週末だけの就業やリモートワーク、プロボノなどの様々な働き方の形があります。

JOINS

JOINSのサイト画像 ▼運営サイト: JOINS

大都市と地方の人材シェアリングサービス。
テレワーク中心でできる地方企業に特化した副業・兼業を紹介しています。

「地方の文化や自然を受け継ぐ魅力的な企業案件」「地方企業との関係性を築きやすい仕組みを提供」「副業・兼業で週に数時間からリモートワーク中心で働ける」といった地方企業の仕事の案件を大都市の副業・兼業を志向する人材に向けて紹介しています。

終わりに|副業・複業マッチングプラットフォーム

働き方改革のなかで、フリーランス・副業・複業といった柔軟な働き方を選ぶ人が増えてきており、事業会社と個人を結びつけるマッチングサービスもどんどん新しく生まれてきています。

2020年には新型コロナウィルスの影響で、都市部を中心にテレワークの導入率が一気に高まっていますが、そうなると一層、「労働時間」から「タスク・成果」で仕事を管理する流れが強まっていくことが予想され、こうしたマッチングサービスが普及する流れも加速されるでしょう。