YouTubeで副業は可能か?1か月に稼げる目安

恐らく、皆さん1度は見たことがあるであろうYouTube。さまざまな動画を無料で見られるので、重宝している方も少なくないはずです。
近年では、YouTubeで生計を立てる「ユーチューバー」が子供たちの将来なりたい職業の上位にランクインするほどの人気となっています。

それほど知名度も高く、魅力的にも感じられているのでしょう。さて、YouTubeを上手く活用すればお小遣い程度の報酬を得ることは十分可能です。では、報酬は何を基準に発生するのか?そしてメリットだけでなく、デメリットも知っておくようにしましょう。

著名なYouTuberの収入は?

今話題の有名Youtuberらの実例をみてみましょう。

2017年時点で日本一有名なYoutuberと言えばヒカキン氏ということで異論は無いと思います。テレビ番組等に登場する機会も増えてきていますので、一度は目にした事がある方も多いのでは?
テレビ進出まで果たしたヒカキンさんですが、彼がYoutubeを使って稼いでいる金額は年間で5000万円以上とみられています。



報酬はどうやって決まるの?一般人はどれくらい稼げるの?

YouTubeに投稿した動画に広告を掲載し、動画を視聴した人が広告をクリックすれば報酬が発生する仕組みとなっています。

気になる報酬は、再生回数1回につき約0.1円です。つまり10回の再生で約1円、1,000円を稼ぐのに1万回の再生が必要だという事になります。

YouTubeで稼げるか稼げないかは、目標金額に達するほどの再生回数を達成できそうかどうかという所になるでしょう。もちろん投稿する動画が多ければ多いほど、報酬が高くなる可能性はあるので、1つの動画で勝負するのではなくどんどん投稿していくというのも効率的です。

ちなみにYouTubeで稼いでいる人は2~5万円ほどと、お小遣い感覚に報酬を得ている方が多いようです。

メリットもあればデメリットもある

どんな動画を投稿するのかは、個人の自由です。ただし著作権に触れるものや、ポルノ・性的なコンテンツの動画は許可されていないので、その点だけ注意すれば大きなデメリットは無いように思えるかもしれません。

しかし、動画に顔や位置が分かる個人情報まで撮影し投稿してしまうと、後々面倒なことになる恐れがあります。もし特定でもされたらコメント欄に本名や住所、勤務先などあらゆる情報を書き込まれる可能性も十分あり得るので安易に投稿するのは控えたほうが良いです。
ましてや副業で始めるのであれば、いつ同僚や上司、会社関係者が見るか分からないので顔出しには特に気を付けたほうが良いでしょう。


その他・全般ランキング

にほんブログ村 就職バイトブログ ダブルワークへ
にほんブログ村

レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

よろしければシェアお願いします!