コピーライティングを副業にすることは可能か?

テレビ、ファッション雑誌、電車の中吊りなど、私たちは毎日何かしらの「広告」を目にしています。その広告の動画や画像に添えられた広告文が「コピー」です。商品やサービスのイメージはコピーによって大きく左右されることがあります。

コピーライターとは?

コピーライターという仕事は「イメージ広告のコピーライター」「セールスコピーライター」「コンテンツコピーライター」といった3つのタイプに分類できます。

一般的には、糸井重里さん等の「イメージ広告のコピーライター」が有名ですが、大手メーカーや流通会社の広告に関する仕事は、電通や博報堂といった大手広告代理店に所属する優秀なクリエイターの独壇場です。

一方で、読んだ人に行動(主に購入)してもらうことを目的とした「セールスライター」やインターネット上のメディアでためになる情報等の文章を書く「コンテンツコピーライター」といった仕事は裾野が広がっており、個人でも実績を積むことで十分な収入につながる可能性があります。



コピーライターになるには

まず、コピーライターは広告代理店に勤めた経験がなければ、いきなり副業とするのは難しい仕事です。広告文を考えるだけというと簡単な仕事でどこでもできるように思えますが、ブランドや商品イメージを左右する大切な仕事ですから、未経験の人がいきなり商品コピーを考えたとしても採用される道がほとんどありません。

ですから、コピーライターとして働きたいなら、養成講座を受講するか、第一段階として広告業界へ転職する等のアクションが必要です。まずは広告業界の営業職、広報、マーケティングなどを経験し、そこからコピーライターへ転職するという方法が一番確実な方法でしょう。

コピーライターとして経験を積めば、自分のコピー(作品)が増えていきます。実績として見せられるものがなければ、いきなり「コピーライターになりたいので仕事をください」といったところで、誰からも仕事はもらえません。ですから、まずは広告業界へ飛び込んでみましょう。それがコピーライターになる近道です。



コピーライターは副業として成り立つか?

既に広告業界で働いていた人が独立してフリーランスになる、という意味でなら成り立つでしょう。フリーランスで仕事をする場合、仕事の納品から実際に報酬が振り込まれるまでは数か月かかりますから、独立してすぐにコピーライターだけで食べていくというのは難しいかもしれません。

他の仕事を行いながら、独立の準備で副業として行うということは十分あり得ます。ですが、他の業種の人がいきなり副業にというのはかなり難しいでしょう。まずは、広告業界などが主催している養成講座に通うなどして、基礎知識を学ぶことから始めましょう。企業などがキャッチコピーを公募するコンテストなどにとりあえず応募してみるのは良い経験になるでしょう。

メディカルライターという仕事もあります

ちょっと視点をずらしてみて、業種や分野に特化すると強みが活かせるでしょう。例えば、その中で一つご紹介したいものとして、「メディカルライター」と呼ばれる仕事があります。
健康や医療の専門情報を適正に、かつ的確に伝えるための文章を作成することがメディカルライターのお仕事です。

特別な資格は求められませんが、医療や薬剤などの専門的な用語や知識が頻繁に使用されるので、薬剤師や看護師などの経験がある方が優先される場合もあります。未経験者でも募集している企業もありますのでチャレンジしてみては如何でしょうか?


その他・全般ランキング

にほんブログ村 就職バイトブログ ダブルワークへ
にほんブログ村

レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

よろしければシェアお願いします!