就活にAI導入でSPI対策は終わりを迎えるか?

米グーグル傘下のディープマインド社(英国)が開発を手がけるAI囲碁ソフト「アルファ碁」が、2017年5月、世界最強の中国人棋士、柯潔九段(19)との3番勝負で3局全勝したことが話題になりました。

話題に事欠くことのない人工知能(AI)ですが、就職活動にも大きな影響を与えるようになってきそうです。

就活エントリーシート、AIがチェック

ソフトバンクは、日本IBMが提供するAI「ワトソン」を新卒採用のエントリーシートの評価に取り入れると発表しました。

インターネット広告大手のセプテーニ・ホールディングスでは、2009年から蓄積している約6000人の社員データを活用して、AIによる診断を採否の尺度に利用しているといいます。

また、ANAもAIを使った採用に踏み切っています。人間の生まれつき持っている性格をAIが診断する「GROW」というアプリの利用を、2018年卒の採用から事務職で必須にしました。

企業側としては、激しい人材獲得競争の中で、他の企業とかぶらず、かつ優秀な人材を見抜くため(セプテーニ)といった目的や、人事担当者の作業時間や手間を減らし、新たに生まれた時間を応募者との対面でのコミュニケーションに費やす(ソフトバンク)といった目的のために利用しているようです。



求職者にとってもAI導入で福音あり

求職者側にとっても、自分の職業を考えるにあたり、AIによる適職診断や候補企業の抽出といった作業で利用することで、効率的な就職活動が可能になるでしょう。

自分がやりたい事や、なりたい職業に対して、AIから「不適合」の診断をされるのは辛いことかもしれませんが、だからといって諦めなければならない訳ではありません。
また、その上で挑戦するだけの覚悟があれば、単に向き不向きの視点だけではなく、いろいろな出会いや自分自身の変化によって、現時点では想像もつかないような、豊かな職業人生を送れる可能性だって十分にあるでしょう。

現時点ではSPI(適性検査)の進化版のようなものかもしれませんね。こうなると、巷には早々に「就活でのAI対策」なんていうサービスが出てくるかもしれませんね。

AIと就活に関するサービスまとめ

学生向け

あさがくナビ 就活ロボ(学情)

GROW(Institution for a Global Society)

自らを知り企業と出会えるアプリ【GROW】
新しい自分を発見率81%の「GROW」は、新しいカタチの就活サービスです。友人との相互評価や、国際機関でも採用されている世界初の潜在性格分析で本当のあなたを発見。そして、あなたを評価する企業から「オファーメール」が届きます。

企業向け

エントリーシート優先度診断サービス(三菱総合研究所、マイナビ)

企業の採用活動を支援する「エントリーシート優先度診断サービス」の提供を開始~AIを活用したHRTechサービスの第一弾として~:そのほか:ニュースリリース:三菱総合研究所
三菱総合研究所は、総合シンクタンクならではの科学的・学際的なアプローチでお客様の抱える高度で複雑な課題を解決いたします。三菱総合研究所のニュースリリースをご紹介しています。


その他・全般ランキング

にほんブログ村 就職バイトブログ ダブルワークへ
にほんブログ村

レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

よろしければシェアお願いします!