副業に最適な”ワーク・プレイス”を確保する方法

コワーキングスペース

実際に副業を始めてみると「自宅では集中できない」「静かな場所で作業をしたい」といった場面が増えてきます。そうした時は、自宅と職場以外に「第三の場所」を確保する必要が出てきます。

ここでは手軽にできる3つの方法と、それぞれのメリット・デメリットについて述べてみたいと思います。

コワーキングスペースを利用する

「コワーキングスペース」とは、デスクや会議室など仕事に使うためのスペースや設備を借りられる施設のことです。その多くが共有のオープンスペースで作業を行うものになります。

最近では、3Dプリンターやミシンが設けられているなど、特色のあるコワーキングスペースも増えてきているので、自分の副業にあった施設を選ぶことができます。

ただし、月額数千円から数万円の利用料を支払わなければなりません。利用する場合は、採算がとれる施設を選びましょう。

また、子育て中のママが利用できる、保育所併設型のシェアオフィスやコワーキングスペースも増えてきています。東京を中心にそのような施設をまとめています。

働くママに優しいコワーキングスペースまとめ
働くママに優しいコワーキングスペースまとめ
子育て中のママが利用できる保育所併設型のシェアオフィスやコワーキングスペースが広がってきました。東京を中心に、そのような...
【メリット】 【デメリット】
・作業に集中しやすい
・工作機器など共有設備がある場合もある
・月額利用料が必要

カフェを利用する

より手軽なのが、カフェを利用することです。

定まった職場を持たずカフェなどを転々として遊牧民のように仕事をするノマドスタイルというワークスタイルが一時注目を集めていましたが、そのスタイルを副業でも活用しようというわけです。

ノマドスタイルでは、電源やWi-Fiを利用できるかどうかがポイントになります。電源のあるカフェを探せるサイト「電源カフェ」や、無料Wi-Fiスポットを探せる「タウンWifi」といったアプリなどもあるので活用しましょう。

電源カフェ ~(コンセント、Wi-Fi等)ノマド情報サイト
電源(コンセント)が使えるカフェを探せるスマホ・タブレット・PCユーザーのための充電スポット検索サイト。ノマドワーカーに必要な、Wi-Fiの有無やお店の混雑具合、電源口数も掲載。電源カフェでは全て実地調査した情報のみ掲載しています。
‎WiFi自動接続アプリ タウンWiFi
‎皆様のおかげで350万DL突破(Android版含む) タウンWiFiは、コンビニやカフェなどのフリーWi-Fiに自動接続するアプリです。対応スポットは35万箇所以上! フリーWi-Fiを使うためのイライラも、速度制限のイライラもこのアプリで全て解消。 WiFiプロテクトを使えばセキュリティも担保されます。 【タウ...
【メリット】 【デメリット】
・気軽に利用できる ・周りの音や声が気になる
・情報漏洩に注意が必要

公立図書館を利用する

極力お金をかけたくない人は公立図書館の活用がおすすめです。

最近では、電源やWi-Fiが使えたり、自分のノートPCを持ち込めたりする図書館も増えています。また、どの図書館に電源やWi-Fiがあるのかがわかる「図書館なび」といったサイトもあるので、ぜひ活用してみましょう。

全国の図書館を設備で検索「図書館なび」|自習室、無線LAN、電源、カフェ・レストラン、児童向け設備など
全国の図書館の設備・サービス情報をまとめました。無線LAN(Wifi)、電源、自習室やカフェ・食堂の有無をはじめ、雑誌や児童向け資料、障害者向け設備まで、各種条件から目的の図書館を検索できます。蔵書数、座席数などカテゴリー別ランキングもあります。
【メリット】 【デメリット】
・無料で使える
・作業に集中しやすい
・席を確保できない場合がある

終わりに

如何でしたでしょうか?

副業への取り組みが本格化してくると、生産性を高めるために「どこで仕事をすると最もはかどるか?」ということが大事なテーマになってきます。

人によっては、「想像力を高めるために、人との出会いの可能性があるコワーキングスペースが良い」という人もいれば、反対に「作業に集中したいので知っている人に会いたくない」という人もいます。

また、「カフェは雑音が気になる」という人もいれば、「多少の雑音があるが集中しやすい」という人もいたりして、その人の気分や性格、仕事の内容などによってベストの仕事場は異なってきます。

「仕事の内容に応じて働く場所を変える」というのがこれからの働き方になっていくのではないでしょうか。


その他・全般ランキング

にほんブログ村 就職バイトブログ ダブルワークへ
にほんブログ村