ビットコイン(Bitcoin)についての基礎知識

bitcoin

2017年1月時点では1BTC(ビットコイン)=10万円前後で取引されていたのが12月中旬には一時200万円を超えました(その後、100万円近くまで急落)。1年で200倍もの価格上昇を見せ、実際にそこかしこに”ビットコイン長者”も現れてきており、俄然注目度が高まってきています。果たしてビットコインはバブルなのか、価格はどこまで上がるのか、これから買っても間に合うのか、といったことを考えるために、まずは「ビットコインとは何なのか?」という基本から見ていこうと思います。

「ビットコイン(Bitcoin)」とは

一言でいうと「インターネット上に存在する暗号通貨」です。英語では「encrypted currency(暗号化された通貨)と表します。

簡単に言うと「色も形もないデジタルの通貨」です。パソコンやスマートフォンを持っていれば、誰でも所有することができます。インターネットにつながる環境さえあれば、紙幣や硬貨といったお金と同じように使うことができます。

ビットコインは「サトシ・ナカモト」と名のる正体不明の人物が2018年の11月に発表した論文に基づいて、2009年に運用が開始されました。

暗号通貨は円やドルと同じ「通貨」になります。円やドルなどの通貨は、日本やアメリカなどの国の信用を基にして価値が担保されている一方、ビットコインはネットワークへの参加者によって相互に形成されてます。多くの人がビットコインが価値のあるものだと信じれば価値が上がり、無いものとみなせば価値が下がります。

暗号通貨は銀行を介することなく、世界中の人たちと個人間で直接お金を送ったり受け取ったりすることができる仕組みになっています。また、商品を購入する際にも使うことができます。例えばビットコインでの支払いができるビッグカメラなどのお店に行くと、QRコードが提示されたスマートフォンがレジの横に置いてあります。そのQRコードをスマートフォンで読み取り、ビットコインを送金すると、支払いが完了する仕組みになっています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

「マイニング」とは

暗号通貨は過去の全ての取引履歴をネットワークで共有しています。そして第三者が、ある人からある人への暗号通貨の譲渡を客観的に確認することができます。この取引の確認作業(取引台帳を作成する作業)によって暗号通貨を報酬として得ることができます。この作業のことを一般的に「マイニング」と呼びます。

「マイナー(”採掘者”の意)」と呼ばれる人達がそうした確認作業を巡って争っています。10分毎の取引台帳を世界で一番早く作成した人に12.5BTCの報酬が与えられる仕組みになっているためです。

つまり、ビットコインの世界では、10分毎に12.5BTCずつ量が増えて行っています。しかし、ビットコインは発行量の上限が最初から決められており、上限は2,100万BRTCとなっています(現在は既に8割方発行済み)。この点が各国の中央銀行が無尽蔵に発行できる通貨とは違っており、埋蔵量が限られていることから価値が認められている”金”や”プラチナ”などの「資源」に近い性質を持っています。

そのため世界的に需要が高まると、供給が限られているために価格が一気に高騰することになります。それが2017年のビットコインの価格が急上昇した要因でもあります。

「アルトコイン」とは

「暗号通貨」=「ビットコイン」というイメージを持っているかもしれませんが、ビットコインというのは数ある暗号通貨の1つにすぎません。2018年1月現在、ビットコインを含む暗号通貨は数千種類あります。そうしたビットコイン以外の暗号通貨を総称して「アルトコイン」と呼びます。

アルトコインの代表的なものとしては、「イーサリアム(Ethereum)」「リップル(Ripple)」といったものがあります。このように、ビットコインは暗号通貨の代表格であって「暗号通貨」=「ビットコイン」という訳ではありません。下図で暗号通貨の時価総額トップ10を見てみましょう。

暗号通貨の時価総額
【出典】coinmarketcap.com

どのようなアルトコインがあるのか、また、それぞれのコインの価格と時価総額がどうなっているのかは「Coin Market cap」でみることができます。

2018年1月21日お昼時点では、1位のビットコインの価格はUS$12,586.90、1ドル111円換算すると約140万円です。また、時価総額はUS$211,661,461,443(約23.5兆円)となっています。2位のイーサリアムの時価総額は約12兆円となっておりビットコインのだいたい半分程度、3位のリップルはまたその半分の6.5兆円といった感じになっています。

通貨別のビットコイン取引シェア

2017年11月から12月にかけてのビットコイン価格急騰は、米金融市場でビットコインの先物取引がスタートしたことが引き金になったとみられています。それに伴ってドル建てのビットコイン取引が急増して、これまでの主体だった円建て取引を超してきています。これは、プロの投資家が本格的にビットコインを投資対象にしはじめたことを示しています。通貨別のビットコイン取引シェア(2017年12月末)は下図のようになっています。

bitcoin-share
*「USDT」は米ドルと価格固定された仮想通貨のこと
【出典】CryptoCompare BTC Volume by Currency

国内でビットコインが買える取引サイト(取引所・販売所)

仮想通貨を買うには「販売所で買う」という方法と「取引所で買う」という方法との2通りがあります。前者ではコインチェックやビットフライヤーといった販売元が提示する価格で買います。後者では取引所を利用して他の仮想通貨保有者から買います。 株式投資をする人なら見慣れている『板』を利用して取引価格を決めます。仮想通貨を安く買うなら、『取引所』 を使う方が良いでしょう。『販売所』 の方が販売元に手数料を多くとられがちになるからです。

これから代表的な仮想通貨の取引サイトをご紹介します。一つの取引サイトの中で「ビットコインは『取引所』と『販売所』の両方があるけども、イーサリアムは『販売所』のみ」といったようにサイトによって提供している機能が異なります。

2018年1月26日には仮想通貨取引サイト大手「Coincheck」で「NEM(ネム)」という仮想通貨が不正アクセスにより約580億円分が流出したと発表されるなど、盗難リスクも視野に入れておく必要があります。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bit flyer
https://bitflyer.jp/

取引量・資本金国内最大。ビットコインの先駆者的存在の取引サイトです。

DMM Bitcoin

dmmbitcoin
https://bitcoin.dmm.com/

FXでも大手のDMMグループの仮想通貨取引サイト。レバレッジ取引が可能です。

GMOコイン

gmocoin
https://coin.z.com/jp/index.html

東証一部上場のIT企業大手GMOインターネットグループが運営する仮想通貨取引サイトです。以下はGMOコインのサイトの説明文です。

取引所でビットコインを売買する場合、板に表示されている最も有利な価格(最良気配)より不利な価格で売買が成立してしまうことがあります。特に、100万円を超えるような大きな注文は、発注時の最良気配では売買が成立しないことが少なからずあります。GMOコインでは、500円であっても100万円であっても、提示されている価格でビットコインが売買できます。
また、最大25倍のレバレッジ取引も可能となっていますが、この場合も、提示されているレートでのお取引がなされます。
※ただし、レバレッジ取引(仮想通貨FX)の場合には、価格変動時に成行注文等を発注した場合には、提示された価格と約定した価格との間に差異(スリッページ)が発生することがあります。

QUOINEX

quoin
https://ja.quoinex.com/

アジア圏最大級の仮想通貨取引サイト。金融庁登録仮想通貨交換事業者第1号です。