在宅ワーク向きのデータ入力で副業する

データ入力の副業は在宅ワーク初めての人向き

データ入力は特別な専門知識や資格、専門ソフト、ハードがなくてもできる仕事です。比較的、単純な作業が多いので在宅ワーク自体初めての方にとってもうってつけと言えるでしょう。

ただ、誰にでもできる仕事は割と単価が安かったりしますよね。では、データ入力で稼いだ場合、どのくらいの収入を期待できるのでしょう?
これから副業として始めようかどうしようか考えている方は是非、参考にしてみてください。



データ入力でどのくらいの報酬が得られるのか?

一般的に、データ入力だけで生活が成り立つほどの収入を得ている方はほとんどいないでしょう。月に2~5万円、多くて10万円ほどです。本職としては物足りない額ですが、副業でこのくらい稼げたら十分ですよね。

報酬はクライアントや案件、時期によって異なりますが、ベタ打ち入力で1文字あたり0.2円、テキスト入力で1文字当たり3円、マーケティング業務で1文字当たり25円が相場となっています。他にもWord入力で1コンテンツ1,000円、Excel入力で1コンテンツ1,000円、決算処理入力で7,500円と難しい作業になればなるほど単価も高くなります。

ブラインドタッチで入力しながらも、誤字脱字を防ぐ正確さがあると、時間あたりの収入を上げていけるでしょう。
また、納品する数がそのまま収入に繋がるので、やりがいは十分感じられます。

パソコンがあればクライアントとのやり取りから受注、納品までの全ての作業ができるので、自宅に居ながら好きな時間に仕事ができるのもデータ入力の魅力です。

データ入力を始める方法は?

パソコンやスマートフォンで「データ入力 求人」「データ入力 アルバイト」等とキーワード検索して、在宅ワークの紹介会社や人材派遣会社に登録します。
または、「ランサーズ」や「クラウドワークス」等のクラウドソーシングの専門サイトに登録してお仕事を探します。

クラウドソーシングで副業する
クラウドソーシングで副業する
クラウドソーシングとは クラウドソーシングは、群衆(クラウド)に作業を外部委託(アウトソーシング)するという意味を組み...

仕事内容は、住所録・顧客・商品、学術論文などの様々なものから選べますが、内容をあまり絞り込み過ぎないほうが優先的に仕事が回ってきやすくなります。

データ入力の依頼を引き受けたら納期内に仕事を済ませて、メールやファイル便等でデータを納品します。発注元の企業が内容を確認し、承認されると自分の登録した振込口座に報酬が入金されるという流れになります。

ただし、システム登録料を請求してきたり、高額な教材を売り込んでくるような会社もありますので、そういった会社はすぐに登録を解除しましょう。

データ入力を始めるにあたって気をつけたいこと

基本的に会社員と同じで、クライアントへの報告、連絡、相談はもちろん、入力のミスや納期遅れには気を付けるようにしましょう。
在宅ワークは正社員やパートで働く人よりも条件的に厳しいケースは少なくなく、一度でも怠ってしまうと報酬が支払われなかったり、次の仕事を委託してもらえない可能性があります。

気をつけなければいけないことは社会人として基本的なことではありますが、在宅だからと気を緩めずに仕事をすれば、クライアントとの信頼関係が生まれ、仕事も安定するはずです。


その他・全般ランキング

にほんブログ村 就職バイトブログ ダブルワークへ
にほんブログ村

レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

よろしければシェアお願いします!