在宅で添削指導者として副業する

添削指導者とは

在宅で空いた時間に作業できる添削指導者という仕事には、専業主婦や育児中のママ、または本業の傍ら副業として行っている方々もたくさんいます。
教育や学習塾、予備校、資格試験、模擬試験の答案や小論文の添削がメインとなります。
実際の答案用紙での作業が中心となりますが、最近ではデータで送られてきたものをプリントアウトしたり、パソコン上で作業したりすることも増えてきています。

採点・添削方法は基本的にはマニュアルがありますので、それを元に添削します。通信教育などでは講習・研修会を設けているところもあります。
答案の丸付けぐらいであれば誰でも簡単にできますが、小論文の添削となると誤字脱字をチェックして最後に自分の感想を入れなければいけないので、全てがマニュアル通りで良いというわけにはいかないものもあります。



添削指導になるためには?求められる人材とは?

在宅で仕事ができるだけあって競争率の高い仕事ですが、どんな人材が求められているのか、そして自分は条件に当てはまるのかについて事前に確認しておきましょう。

基本的に在宅で行う添削指導者に任せられる問題は、小学生から高校生までのものに限ります。大学以降の入試対策や小論文の添削は難易度が高すぎるので、現役講師が行うことが多いため募集されることはまずありませんが、小学生から高校生までに限定されているといっても、ある程度の知識が求められます。

応募資格には大学卒業以上の学歴が必須で、英語採点者の場合はTOEIC750点以上、数学採点者なら数学3・Cを理解できるくらいのレベルでなければ厳しいでしょう。

また添削指導者になるためには履歴書による書類審査を経て、学力検査や論文による適性検査を受けなければいけません。
「在宅でできる仕事だから選考基準はもっと低いのかと思った…」という方も正直のところ少なくないかと思います。しかし、採点ミスなどがあれば大変なので、選ぶ側も慎重になるのでしょう。

副業に向いている?得られる収入はどれくらい?

答案の正誤チェックであれば1枚あたり数十円前後ですが、解説も加えると1枚300円以上の収入が得られます。また小論文はチェックする項目が多くなるので、1枚300~500円と高めの報酬金額になっています。

添削指導は完全出来高制なので、副業で始めたとしてもやる気次第で1ヶ月あたり20,000円~50,000円は十分稼ぐことができるでしょう。


その他・全般ランキング

にほんブログ村 就職バイトブログ ダブルワークへ
にほんブログ村

レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

よろしければシェアお願いします!