家庭教師が社会人の副業に向いている理由

副業で家庭教師をする社会人が増えている

家庭教師というと大学生や短大生が行うアルバイトというイメージが強いかもしれませんが、実は社会人の副業として行われるケースも少なくありません。

むしろ、2016年以降から家庭教師センターに登録している社会人の数は増えていて、全体の20~30%を占めているようです。なぜ、こんなにも割合が増えたのか、そこには大学生数の減少や、他のバイトの時給相場が上がり家庭教師が高時給とは言えなくなったことなどが原因の1つとして考えられます。

また家庭教師は雇用ではなく、外注・業務委託の仕事になるので住民税の普通徴収ができ、会社にもバレにくいというメリットがあることも関係しているかもしれません。



どんな人が求められている?家庭教師になるための優遇条件

「会社にバレずに副業ができるなら是非とも家庭教師をしたい!」と思った方は少なくないでしょう。しかし、お金を貰って人に勉強を教える仕事なので、誰でも簡単になれるわけではありません。

では、家庭教師になるためにはどんな人材が求められているのでしょう?
まず大卒の学歴は必須条件です。そこに教育免許保持者や有名大学出身者、家庭教師の経験者、英検・漢検などの資格保持者は優遇されやすくなります。家庭教師になるためには筆記試験と面接を経るのが一般的です。

受験の記憶も薄れかけている世代にもニーズはあるのか?

ブランクのある方や40代50代の方の場合、「果たして自分に務まるだろうか?」という心配が先に立つと思いますが、案外、社会人だからこそのニーズも存在するようです。
日刊SPAの記事では、社会人の方がむしアドバンテージがあると指摘しています。

「むしろ今こそ、家庭教師の職は求められていますし、学生よりも社会人にアドバンテージがあります」と断言するのは、全国学力研究会理事長の河本敏浩氏。 「というのも、有名予備校に通って有名校に行きたいという子供たちが減っている代わりに、授業についていく基礎学力を伸ばしたいという子供たちが増えているからです。かつては専門学校へ流れていたような層が、今や目指すのは、中学校でいい内申点を取って、そこそこの公立高校へ進学し、そこそこの大学へ現役で合格すること。浪人覚悟で有名校を目指す層とは、指導に求めるものが根本から違うのです」 したがって「受験テクの伝授」などは一切不要。ひたすら「教科書の練習問題をやらせて、わからないところがあれば教える」くらいで十分なのだという。(出典)日刊SPA「副業で月10万円稼ぐなら家庭教師がオススメな理由」

期待できる収入は?気になる相場を調査

家庭教師で副業するには、個別指導塾の求人に応募するのが一般的です。

平均的な時給は1,500円~3,000円と、他の副業に比べるとかなりの高時給となっています。
1日2時間を週2日ほど行えば、1ヶ月あたり30,000円~60,000円ほどの収入に繋がるでしょう。比較的、短い時間で済むので効率のいい副業と言えます。

また、教え子の成績が上がれば時給も上がったり、ボーナスが支給されることもあるので、収入アップのチャンスとなり、自分のやる気アップにも繋がります。

家庭教師は自分の教え方、工夫によって教え子の成績が左右される職業です。責任があると同時に結果が目で見えるので、やりがいを感じやすいでしょう。


その他・全般ランキング

にほんブログ村 就職バイトブログ ダブルワークへ
にほんブログ村

レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

よろしければシェアお願いします!