フリーランスでノマドとして働くこと

ノマド(ワーカー)とは

ノマド(Nomad)というのは英語の”遊牧民”から来ている言葉ですが、”現代の遊牧民”として、旅をしながら、またはカフェなどの場所を移動しながら仕事をする、「Digital Nomad (デジタルノマド)」「Hyper Nomad (ハイパーノマド)」といった人達が注目されています。
日本では本田直之や高城剛といった人達が先駆者として有名で、それぞれの著書もあります。

会社に従事はしているけれどもオフィスが無く色々な場所を転々としながら仕事をする人、会社に従事していてオフィスも机も会社にあるけれども自由な場所で仕事をする人、フリーランスで働いているため色々な場所で仕事をしている人など、”テレワーク”の派生のような様々な形態の人が含まれていますが、ほとんどの場合フリーランスとして働いている人達のことを想像する人が多いでしょう。

テレワーク導入を進めていない企業は終わっている
テレワーク導入を進めていない企業は終わっている
営業や企画、事務などのホワイトカラー系の仕事が中心の会社で、未だテレワークを導入していない企業は「時代に取り残される危険...

自由である反面、覚悟と実力が問われる働き方

ノマドで働くことは、会社に縛られなかったり煩い上司もいなかったり、自分の時間を自由に使えたりと精神衛生上いいことが多い、自分は自由に生きたいと思っている人にとってはとても魅力的に映るかもしれません。実際に自由に生きたいと思ってノマドワーカーとしてフリーランスで働く人も増えましたが、実際には会社員として働くよりも、より多くの覚悟が必要となる業種形態ともいえるのです。

もしノマドとしてフリーランスで働きたいと思った場合、しっかりとした覚悟があるのか、生きていくために必要な知識などがあるのか、自分自身に再確認をしてください。まだ覚悟が決まらない、どうしてもノマドになりたいわけではなく憧れていただけという場合は、しばらく今の仕事を続けて副業などで仕事を確立させて、ある程度軌道に乗ってから、それでもノマドワーカーとして働きたい場合は転職すると良いでしょう。



ノマドワーカーとして必要なこととは

ノマドとして働くのであれば、上述したように世間に流されない、自分で自分をしっかりと管理できる、問題が起きたらすべて自分で解決することが出来るという心構えが必要です。

ノマドとして働いている人はほとんど自営業となるため、会社勤めであれば分散されていた仕事を全て自分で行わなければなりません。
例えば、事務作業、経理の仕事、自分自身を売るための営業、インターネットやセキュリティ関係などです。特にインターネット環境やセキュリティ関係をしっかりと自分で管理できなければ、ノマドとして働くことは難しいでしょう。

カフェでお手洗いに行く際や少し席を離れる場合、フリーWi-Fiを使用する場合などもどこで情報漏洩があるか分かりませんので、注意が必要です。その他にも、自分で仕事の調整を行ったり、仕事を得たりといった作業も必要となりますので、コミュニケーション能力も求められるといえるでしょう。



ノマドの先にあるモバイルボヘミアンという生き方

2017年5月、ノマドの先駆者である本田直之氏と四角大輔氏の共著「モバイルボヘミアン〜旅するように働き、生きるには〜」が発刊されました。

デュアルライフ、ノマドライフよりも更に高い次元の圧倒的な自由を持つ「モバイルボヘミアン」という生き方・働き方を紹介しています。

モバイルボヘミアン〜旅するように働き、生きるには〜
モバイルボヘミアン〜旅するように働き、生きるには〜
ノマドライフから5年を経て続編が登場 2012年に発刊された「ノマドライフ」や「25歳からのひとりコングロマリット」に...