人生100年時代に老後破産を避けるための働き方とは?

皆さんはご自身の寿命を何歳と考えていますか?「あなたの寿命は100歳です。」と言われたらまず何を思い浮かべますか? – 病気に対する不安でしょうか?それとも、お金に関する不安でしょうか?
いま話題の書籍「LIFE SHIFT(リンダ・ラットン著)」を読み、その衝撃的な内容についてご紹介しつつ、人生100年時代に我々はどう働き、どう生きて行くべきなのかについて筆者も考えてみます。

2050年までに日本の100歳以上人口は100万人を突破する!

日本語版への序文は、以下のような推計に関する示唆から始まる。

・国連の推計によれば、2050年までに日本の100歳以上人口は100万人を突破する見込み。
・2007年に日本で生まれた子供の半分は107年以上生きることが予想される。
・今50歳未満の日本人は100年ライフを過ごすつもりでいた方がいい。

筆者は40歳を過ぎたあたりから「寿命を全うしたとしても80歳くらいかな(病気やら天災やらで寿命を全うできる確率は低そうだが)。自分は人生の折り返しを過ぎていてキャリアに関しては終盤だな。」と考えてきたが、いきなり「まだ折り返し地点前だよ!」と言われたような気がした。
個人的には働くことが好きな方なのでちょっとやる気が湧いた一方で、高齢で要介護の身内を抱える身としては、日本の社会全体のことを考えて大いに不安が沸き起こってきた。



長寿は厄災!?

そして本書も、社会一般的には長寿化の負の側面が話題にされがちであることを指摘しつつ、以下のように述べている。

寿命が延びても引退年齢が変わらなければ、大きな問題が生じる。ほとんどの人は、長い引退生活を送るために十分な資金を確保できないのだ。この問題を解決しようと思えば、働く年数を長くするか、少ない老後資金で妥協するかのどちらかだ。いづれの選択肢も魅力的とは言い難い。これでは長寿が厄災に思えたとしても無理はない。

病気などで健康を損なってしまった場合は、当人にとってもその家族にとっても長寿は厄災となる可能性が高いが、健康であった場合は、人によって長寿に対する印象は全く異なったものになるのではないだろうか?

筆者の周りの人のことを考えてみると、仕事で成功した人ほど老後資金が豊富であり、かつ、もっと長く仕事を通して社会と関わり続けたいという人が多い。一方で仕事面で冴えない人ほど老後資金が乏しい上に働く気力も乏しいように思う。そして割合としては後者の方が多いように思う。これでは貧富の差だけでなく、仕事や人生に対する幸福感の差も広がる一方だ。

3ステージ型の人生からマルチステージ型の人生へ

既に引退した世代は、20歳前後までは”教育”、それから60歳前後までは”仕事”、その後は”引退”という「3ステージ型」の人生を送ってきた。その世代は40年あまりの勤労期間を通して、20代前半で受けた技術的教育が時代遅れにならないように留意するだけで良かった。
一方、80代まで働く世代は労働市場の変化に対応するために、人生の途中で時間を割いて新しいスキルの習得に投資し、新しいテクノロジーを受け入れる必要がある。そうすることで「マルチステージ型」の人生を生きることになる。また、80歳を超すまで休憩もなく、サバティカルもなく、柔軟な働き方もせずにノンストップで働き続けることができる人がいるだろうか?とも疑問を呈している。