ワークスタイル

新しい働き方(ニュー・ワークスタイル)4選

新しい働き方まとめ

人生100年時代に役立つ「新しい働き方(ニュー・ワークスタイル)」に関する情報をまとめています。それぞれの詳細についての情報はリンク先のページでご覧ください。

サバティカル

サバティカル(Sabbatical)とは、6日間働いたあとの7日目の安息日(ラテン語でsabbaticus)に由来しており、長期勤続者に与えられる長期休暇のことを意味しています。
1880年にアメリカのハーバード大学で導入されたのが起源とされ、大学教員の研究のために長期休暇が与えられていたものが民間企業にも広がっていきました。

日本では、リンダ・グラットンが著した『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)〜100年時代の人生戦略〜』(初版発行2016年2月)のなかでサバティカルについて触れられたことから注目が集まるようになりました。

日本ではまだサバティカルという言葉自体それほど知名度が高くないばかりか、企業での導入例はヤフーやリクルートなどの少数に留まっていますが、大学では「サバティカル研修」の名称で教員に対して本来の職場を離れての研究を認める規程を設ける例が増えています。

サバティカルとは?サバティカル休暇制度導入企業も紹介「サバティカルって何?」という人が多いと思います。 サバティカル(Sabbatical)とは、6日間働いたあとの7日目の安息日(ラテン...

STEM(ステム)教育

STEM(ステム)とは、Sience(科学)の「S」、Technology(技術)の「T」、Engineering(工学)の「E」、mathematics(数学)の「M」を並べた造語です。
2000年代にアメリカで始まった教育モデルです。STEM分野に精通した市民を継続的に育成することは科学技術開発の競争力の向上に資するとの観点から、教育政策や学校カリキュラムを論じるときに言及されます。

オバマ大統領はSTEM教育を政策課題にし、コミュティ・ガレッジ(高校卒業後)で教育し、2017年にはSTEMの分野で学位を持つ人材を100万人増やすことを目指してきました。

STEM教育は人口知能(AI)社会に適応した国際競争力を持った人材を多く生み出すためにアメリカで生まれた概念です。AIや新たなテクノロジーを学ぶ上で必要な論理的思考力・問題解決能力といった能力を育てるという狙いもあります。

STEM
STEM(ステム)教育とは?STEM(ステム)とは、Sience(科学)の「S」、Technology(技術)の「T」、Engineering(工学)の「E」、ma...

パラレルキャリア

未来学者ピーター・ドラッカーが、著書『明日を支配するもの』で提唱した、未来の生き方・働き方に対するコンセプトの1つです。
時代変化のスピードが速くなり会社組織が短命化したことで、人は組織だけに頼らずに第2の人生を始める必要が生じたという主旨で、その第2の人生のことを「パラレルキャリア」と表現しています。

自分自身のスキルを上げたいという人、夢を実現したいという人、社会活動をしたいという人で報酬を目的としていない場合のことをパラレルキャリアといいます。

パラレルキャリアとは?プロボノについても紹介パラレルキャリアとはどんなものでしょうか? 未来学者ピーター・ドラッカーが、著書『明日を支配するもの』で提唱した、未来の生き方・働き方...

プロボノ

プロボノとは、ラテン語で「公共善のために」を意味する「pro bono publico」を略した言葉です。
各分野の専門家が、職業上もっている知識・スキルや経験を活かして、社会的・公共的な目的のために行うボランティア活動のことを意味しています。また、それに参加する専門家自身のことを指す場合もあります。

最初は、アメリカの弁護士が無報酬で行うボランティアの事業や活動のことを指していました。現在でも弁護士業界において最も浸透しています。アメリカでは、法曹協会から年間50時間以上のプロボノ活動を行うことが推奨されています。
2000年ごろからNPO法人のサービスグラントの活動によって他分野への展開が促進され、現在では公認会計士・中小企業診断士・コンサルタント・金融などの多岐に渡る職業でプロボノ活動が行われています。

日本でもプロボノ活動への参加者数は大きな伸びを見せています。中小企業診断士が東北復興支援活動で東北へ出向き、地元の企業や商店街の復興を支援するなど幅広い活動がみられます。

パラレルキャリアとは?プロボノについても紹介パラレルキャリアとはどんなものでしょうか? 未来学者ピーター・ドラッカーが、著書『明日を支配するもの』で提唱した、未来の生き方・働き方...