「他流試合」でこそ人は育つ【他社留学という研修サービス】

働き方改革のウネリの中、副業の解禁が話題になることが増えてきたが、最近の大手企業においては異業種合同のプログラムやNPOへの派遣などの関心が高くなっている。

「他流試合」の中でこそ、新しいアイデアが生まれる可能性があり、マネジメント力も格段に身につくという考え方だ。

7割「自社」、3割「他社留学」というコンセプト

そうしたなかで、「他社留学」というスタイルの新しい研修サービスが立ち上がったようだ。リリースしたのは人材サービスのエッセンス株式会社(東京都中央区)で、サービス名は「ナナサン®」。7(ナナ)割現職、3(サン)割他社留学、というコンセプトから名づけられた様子。

大手企業の次世代リーダー候補社員に対して、現職の業務を続けながら他社に週1回程度出向き(人材受入れ企業は無料)、他社のリアルなビジネスミッションに向き合う修羅場体験を通じてキャリア開発を行う研修サービスとなっている。



受け入れベンチャー企業側にもメリットあり

業務内容は、一見すると子会社へ出向させるのと大差がないようにも見えるが、自社グループにない事業領域を体験することによるイノベーションの可能性、大企業の子会社とは異なる、ゼロから立ち上がったベンチャー企業の文化に触れられるということは大きな意識変革につながると思われる。

一方、受け入れ側のベンチャー企業は、大企業の優秀な人材が自社の課題解決に参画することで視点を広げることができるといったメリットを得られたり、人脈面でのネットワーク形成につながる可能性などがあるだろう。

導入事例としては、オフィスコンサルティング事業を行う株式会社フロンティアコンサルティングというベンチャー企業に対し、東京電力ホールディングスの幹部社員が実践したものがナナサンのホームページ上で紹介されている。

取り組み内容は、現場把握・コスト管理の在り方検討・役員とのセッション・調達部設置の検討などを通じて、建設部門における仕入れコストの見直し(コスト管理の平準化マニュアル作成)を行うというもの。期間は週1回・4時間を3ヶ月間といった感じになっている。

まとめ

こうした「幹部人材育成」への取り組みは、大企業とベンチャー企業に集中しており、中小零細企業は取り残されてしまっている感じがある。この差はそのまま人材獲得競争力の差につながり、最終的には企業の命運を左右していくことになるだろう。

しかし、その一方で、大企業は優秀な社員ほど外に出したがらないという現実の声を耳にすることも多いし、リクルートキャリアが主催する「サンカク」といった、社員が自ら他流試合に申し込めるサービスも登場しているので、個人が自らキャリアを模索しやすい環境になってきているので、中小零細企業はそうしたサービスを利用するという手もあるだろう。

仕事を辞めずに成長企業の経営を覗けるサービス
仕事を辞めずに成長企業の経営を覗けるサービス
リクルートキャリアが運営する、経営やサービスについての多様な意見を求める企業と働きながら他企業の経営を覗いてみたいという...
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

よろしければシェアお願いします!