様々なシェアビジネスで個人が副業することが可能な時代

米国シリコンバレーで、リーマンショック後の2008年頃から広がり始めたシェアリングエコノミーは、瞬く間に世界中に広がり、社会のあり方を変えつつあります。

日本のシェアリングエコノミー市場規模は2020年には600億円

2016年2月PWC調べによると、2013年に約150億ドル市場だったものが、2025年には3350億ドルにまで拡大するだろうという予想が発表されています。日本においても2020年には600億円規模という予測が発表されています。

シェアリングエコノミーで最も有名な会社は「エアビーアンドビー」と「ウーバーテクノロジーズ」でしょう。
2008年に米国で始まったエアビーアンドビーは、個人の住宅や物件を宿泊施設として登録して借りたい人とつなぐプラットフォームです。2016年秋時点で190カ国で100万を超える宿が登録されています。
日経新聞の記事(2017年3月22日)では、共同創業者の一人であるジョー・ゲビア氏が、「旅行の望みを全てかなえたい、垂直統合は互いのサービスを補完しあえる。エコシステムを大きくしていくことで、より大きな存在になれる」と発言しており、今後は宿泊だけではなく、より広い領域に事業を拡大していこうとしていることが分かります。



また、一般人が持つ自家用車と空き時間を使って配車サービスを行うウーバー・テクノロジーズは2009年に設立され、2015年の売上は既に1兆を超えたと言われています。2016年にはトヨタが同社に出資したほか、ドイツのダイムラーやBMWもカーシェアリングサービスに参入するなど、時代は”所有”よりも”共有(シェア)”に向かっているように見えます。

追記:UBERはライバル企業からのノウハウ盗用、セクハラ問題などが大きくクローズアッップされ、創業者のトラビス・カラニックCEOを始め、COO、CFO、CMO等の経営幹部が辞職しました。今後は新たな資金調達が難しくなるため、経営が厳しくなりそうです。(2017年6月21日現在)

シェアリングサービスを利用した副業や起業が活発化

シェアリングエコノミーの拡大によって、車や住宅などの遊休資産を持つ人は副収入を得る可能性が高まります。自宅の空きスペースや投資物件等を時間貸しして副収入を得られる「空きスペースシェアリング」や、自宅の車を時間貸しでシェアして副収入を得られる「カーシェアリング」。そして、駐車場を時間貸しでシェアして副収入を得られる「空き駐車場シェアリング」等があります。

空きスペースをシェアして副業できるサービス5選
空きスペースをシェアして副業できるサービス5選
個人が保有する物件の空きスペースを有効に活用するシェアリングサービスとして最も有名なのはエアービーアンドビーですが、宿泊...
カーシェアリング副業で年間収入100万円超え
カーシェアリング副業で年間収入100万円超え
カーシェアリングとは何か 会員制で自動車をシェアするモデルのことで、会員は必要な時に必要な時間だけ車を利用できます。 ...
主な空き駐車場シェアリングサービス6選
主な空き駐車場シェアリングサービス6選
個人や企業が使っていない空き駐車場やスペースを貸し出す「駐車場シェアリング市場」が拡大期を迎えています。 遊休スペース...

実際に米国のウーバーテクノロジーズの運転手は副業が多いと言われていますし、東南アジア等ではシェアリングサービスを使って副業したり起業したりといった動きが活発になっています。
日本はこの波に乗り遅れていますが、それでも、外国人観光客の増加による宿泊施設の不足によって宿泊費が高騰した結果、条件付きではあるものの民泊の法整備がなされつつあります。



知識やスキルといったソフトの分野にもシェアサービスが登場

シェアリングエコノミーの中で活用できる資産は、車や家など有形のものに限りません。知識やスキルといった無形の資産もシェアの対象とする動きが広がっています。

ビザスク

スポットコンサルティングを提供する「ビザスク」では、専門知識を持つ登録アドバイザーと、社内にはない知見を求める企業とをつなぐマッチングを行っています。
登録者も利用企業も急増しており、利用企業数は2016年8月は前年同月比で8倍近くまで伸びたとのこと。また、利用企業は大手から中小企業まで様々です。
登録者の7割ほどは会社員で35〜45歳の人が多いようです。登録者が手にする報酬は、1時間5,000円から50,000円で平均すると15,000円ほどで、多い人だと月10万円超を手にするといいます。

ストアカ

ストリートアカデミー株式会社が「まなびを自由に、あたりまえに」というビジョンのもと運営しているサービス。
ビジネススキルから趣味の習い事まで個人が主催する教室や講座を1万件以上が掲載されており、8,000名の先生と10万人の生徒が利用しています(2016年12月現在)。

講師になるには資格も経験も必要なく、誰もが自分のスキルを活用して教室やワークショップを開催して副業することができます。47都道府県の地域ページを展開しており、地域に密着した集客が可能。住んでいる地域でもそうでない地域でも、広く自由に講座を開催することが可能になっています。
講師登録や講座の掲載は完全無料となっており、実際に講座で受講料収入が発生した時のみ、成果報酬ベースで受講料収入の5〜15%を運営元に支払うことになっています。

ストアカの創業者でありCEOの藤本 崇氏によれば、「会社勤めで生活に必要なお金を稼ぎつつ、自分の得意なことを人に教えて副収入を得る、そんなデュアルワーカーを“かっこいい”と思う人が最近増えている」とのことです。

COCONALA(ココナラ)

「ココナラ」は2015年に運営を開始した「知識・スキル」のシェアリングサービス。
ワンコイン500円程度と安価な価格帯が中心となっているため、上述した「ビザスク」等と比べると気軽な雰囲気を醸し出しています。出品する側と購入する側の双方にとってハードルが低いかもしれないものの、それほど高収入が得られるものでもないでしょう。
クラウドソーシングで有名な「ランサーズ」や「クラウドワークス」などと比べるとその点では見劣りするかもしれませんが、一方では、ガイドラインに違反しなければ基本的には何でも売れるということから、アイデアと工夫次第では面白い副業ができるかもしれません。

みんなのサービス

ANYTIMESが提供する、プライベートレッスンから家事代行まで、近所の人のユニークなサービスを体験できるプラットフォーム「みんなのサービス」。

部屋掃除や、料理代行、家具組立、買い物代行など、代わりにしてもらいたい仕事を、近所で登録しているサポーターに、依頼できる家事のシェアリングサービスです。スマホアプリでも利用可能です。自分がサポーターとして、得意な仕事やユニークな仕事を登録してサービスすることで副収入を得ることにつながります。

「おじいちゃんおばあちゃんになっても変わらない仲良し夫婦の秘訣 5000円」といったユニークなサービス等が登録されています。

今後もシェアリングエコノミーの拡大と、それに伴って個人の副業、副収入につながるシェアサービスが登場してくるでしょう。どんどん情報を追加していく予定です。

2017年8月15日追記: 国内のシェアリングサービスサイト情報を一覧にまとめましたのでご活用ください!

国内のシェアリングサービス50サイトまとめ
国内のシェアリングサービス50サイトまとめ
AirBnBやUberを代表格とするシェアリングサービスは急速な勢いで増えています。国内のシェアリングサービスを提供して...