パラレルワーク

ECで副業に挑戦する人のための国内卸問屋リスト

インターネット上でモノやサービスを販売するEC(electronic commerce)で副業に挑戦しようと考えている人のために、商品を仕入れるための国内卸問屋の情報から、ネットショップを開設するための方法に至るまで、分かりやすく紹介します。

販売する商品を仕入れるための卸問屋とは?

一般的に、個人が運営する小規模なネットショップは、仕入れ量も少なく、仕入代金をきちんと支払えるかどうかの信用力も乏しいため、メーカーから直接商品を仕入れることは困難です
そこで、メーカーとネットショップとの間に入って取引を仲介してくれる卸問屋(おろしどんや)から、商品を仕入れることになります。

卸問屋は利益(マージン)を取りますので、仕入れる側からすればいない方が良いのですが、メーカーから直接仕入れられない以上は頼らざるを得ません。

しかし、販売量を増やして収益を上げていければ信用力も高まって、直接メーカーから仕入れることができるようになる場合もあります。
そこで、まずは国内卸問屋から仕入れて商売を始めてみて、軌道に乗ってきたら直接メーカーから仕入れてコストダウンするという戦略も考えられます。

また、今時の商品は中国製が多いので、言葉の壁と納期の問題を克服できれば海外から直接仕入れることができ、より一層、競争力を高めることができます。

販売する商品を仕入れるための国内卸問屋リスト

それでは、国内の卸問屋のリストを以下に列挙します。

商品を販売するためのネットショップの作り方

販売したい商品やコンセプトが決まれば、さっそくECサイトを作って商売してみましょう。

とは言っても気になるのは初期費用ですよね。普通、お店を始める際にはかなりのお金が掛かりますが、ECサイトならほぼ無料で作ることが可能です。

特に「STORES.jp」と「BASE」は完全無料で、サービスも充実しているので初心者には心強いサイトとなっています。ちなみに有料のところでは「おちゃのこネット」「カラーミーショップ」「ショップサーブ」などがあります。

初めてECサイトをする方なら流れを掴む意味でも慣れるまでは無料のサイトで実践してみてはいかがですか?

在庫リスクが怖いならドロップシッピングを活用してみよう!

実店舗でもECサイトでも小売商売で一番怖いのは、仕入れたは良いものの、売れ残ってしまって在庫になってしまい、結局損をしてしまうことです。

そんな在庫リスクを避けることができるのが「ドロップシッピング」です。

ドロップシッピングとは、商品やサービスなどをサイトの閲覧者が購入した場合、商品の発送やクレーム対応など全てのサービスを販売元である業者が行ってくれるシステムです。

在庫を抱えず商品を販売でき、購入者への対応などもやらずに済むのでリスクは0に等しいです。自分でするべき事といえば、自分のサイトに販売したい商品のリンクを貼るだけなので、1日1時間もあれば簡単にできます。

ドロップシッピングについてもっと知りたい人は以下のページに詳しく紹介していますので読んでください。

ドロップシッピング副業で月数十万も夢じゃない「ドロップシッピングなら簡単に高額報酬を狙える」こんな噂を聞いたことはありませんか?確かに世の中には、ドロップシッピングで1か月に数十万...

ネットショップを買う(M&Aする)という方法もあります

ECサイトビジネスは、サイトを構築し、仕入商品を探し、承認をもらえたメーカーの商品を販売するという流れで進めていきますが、広告宣伝費をかけなければなかなか売れるものではありません。

また、そこまで時間と労力とコストをかけたからといっても売上が保証されているわけでもありません。

早く確実にビジネスを育てたいという人には、初期投資はかかるものの、実績のあるECサイトを「買ってしまう」という方法があります。

ECサイトをM&Aする方法について解説した記事を参考にしてみては如何でしょうか?

サイトM&Aのイメージ画像
副業に最適なサイト売買(エムアンドエー)の成功方法リスクを抑えてビジネスを立ち上げるための方法として、スモールビジネスのM&Aが注目されています なかでも、会社勤めを続けながら...
ABOUT ME
さいおう
スモールビジネスカテゴリーの記事を書いています。